未分類

ホテルの運営代行業者とは?料金形態から低リスクで行う方法まで徹底解説!

未分類

近年、民泊新法の制定を筆頭に宿泊業界が勢力をあげています。そのためホテルの運営を行いたい方が増えています。しかし、ホテル運営を行うにあたり、代行業者に依頼をする方も増えていることから、ホテルの運営代行サービスが需要を高めています。
今回は、ホテル運営を行いたいかつ優良な代行業者を見つけたい方に向けて、ホテル運営代行業者について解説します。ぜひ最後まで読んでみてください!


1.ホテル運営代行とは
ホテル運営代行とは、ホテルオーナーから依頼を受けホテル運営業を一括管理することです。また、近年のホテル運営代行ではサービスが向上されているため、運営業務をすべて丸投げも可能です。

 

2.ホテル運営代行業者の契約形態

ホテル運営代行業者のパターンとしては大きくわけて2パターンあります。

 

2-1 完全運営代行

1つ目は完全運営代行です。完全運営代行とは文字通りすべてのホテル運営業務を丸投げで依頼するパターンです。メリットとしては、ホテル運営が円滑に行えます。反対にデメリットとして、部分代行よりも料金が高いです。

2-2 部分代行

2つ目は部分代行です。部分代行では清掃やフロント業務の一部を依頼します。メリットとしては、完全運営代行と異なり部分は自分で行うため、コストをかけずに済みます。また、部分代行の料金に関しては下記を参考にしてください。

 

3.ホテル運営代行業者の費用

ホテル運営代行の完全運営代行の平均相場としては、12万円です。ホテル運営を代行業者に丸投げ(完全運営代行)では基本的には売上の20%を代行業者へ支払います。また、清掃費用に関しては、実費で支払うケースが多いため、「売上20%+清掃費用」になります。その結果、都内でホテル運営代行を依頼した場合は12万円というのが平均価格です。

部分代行の平均相場は売上の15%とされています。
たとえば、毎月50万の売上であれば、代行業者への支払いは75000円です。ホテル業務をすべて代行してもらうのはもったいない、などと考えられている方は、部分代行の利用を検討してみてください。

 

4.ホテル運営代行業者を利用するメリット

ホテル運営代行を利用する際のメリットは多くあります。そこで、今回はホテル運営代行のメリットを厳選してご紹介したいと思います。

4-1 人件費削減

1つ目は人件費削減です。従来ではホテルスタッフが常駐することが当たり前でした。しかし、昨今より需要を高めている、 運営代行サービスの普及に伴い、運営がスムーズとなり、人件費削減にも繋がっています。

4-2 コロナ対策

2つ目はコロナ対策です。コロナ対策の観点としては、2つあります。1つ目はフロントスタッフとの対話がないことです。2つ目はチェックイン・チェックアウト時のコロナ対策です。これらのコロナ対策が行える理由としては「セルフチェックインシステム」が導入されることがあげられます。セルフチェックインシステムについて知りたい方はこちらからチェックしてください!

 

5.ホテル運営代行業者おすすめ会社3選

ホテル運営代行を軸としてサービス展開を広げる企業が近年は増えています。そこで、今回は厳選して3社のホテル運営代行業者を紹介したいと思います。気になる企業があれば、ぜひお問い合わせしてみてください。

 

5-1 faminect

「faminect」には完全運営代行とメッセージ運営代行といった特殊なサービスがあります。なにより強みは豊富な言語に対応していることです。そのため、海外からのお客様を迎えることが多いホテルではおすすめです。

▲詳細:https://www.faminect.jp/

 

5-2 RESOL

「RESOL」はリソルホールディングス株式会社が運営するリゾートホテル・旅館の運営代行サービスです。トレンドに敏感なことから、変化に柔軟に対応してくださることが強みです。

▲詳細:
http://www.resol-kaihatsu.jp/hotel_management.html

 

5-3 Hotel Mart

「Hotel Mart」はホテル業務全般の業務を行っております。サービスが豊富であり、運営代行業務にかかわらず、相談に乗ってもらうことも可能です。今後のホテル業務について相談も兼ねて依頼したい方におすすめです。

▲詳細:https://hotelmart.jp/unei/

 

6.ホテル運営の効率化にはセルフチェックインシステム!

ホテル運営代行業務はホテルオーナーからすると非常に強力なサービスです。しかし、一方で運営代行のコストが予算よりも掛かってしまうといった声も上がっております。そこで、チェックイン業務だけを効率良く無人化できる、セルフチェックインシステムをご紹介したいと思います。

セルフチェックインシステムとは、従来のチェックインシステムとは異なり事前にチェックインシステム業務をオンラインで済ますことができるシステムのことを指します。そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことで、スムーズなチェックインが可能です。

本人確認や鍵の受け渡しまで、無人で行えます。そのため、フロント業務の人件費削減にもつながるのです。セルフチェックインシステムの詳細が知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください。

 

7.まとめ

いかがでしたか?今回はホテル運営代行についての詳細からおすすめ企業をお伝えしてきました。今回の記事がホテル運営代行業者の導入を検討するきっかけになれば幸いです。また、前述でお伝えしたセルフチェックインシステムに興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。