ブログ

MEO対策とは?SEOとの違いやメリット・デメリット、始め方を解説!

ブログ

ホテルの集客率アップのためには、Webマーケティングに取り組むことが重要です。なかでも、MEO対策は無料で始められ、難易度も低いため取り組みやすいというメリットがあります。MEO対策を行うことで、Googleマップで検索した際に上位表示されるようになり、その分多くのゲストの目に留まるのです。

しかし、MEO対策とはそもそも何か、どのように始めればいいのかなど、わからないことも多いでしょう。そこで、この記事ではMEO対策とは何か、メリット・デメリットや基本的な始め方を解説します。自社でMEO対策を始めたい方は、ぜひご覧ください。

1.MEO対策とは


MEO(Map Engine Optimization)対策とは、Googleマップに登録されている施設や店舗を検索した際、上位に表示されるようにする、Webマーケティングの施策の1つです。日本語では、マップエンジン最適化と言います。

例えば、Googleマップで「東京都 ホテル」と検索すると、条件を満たす施設が3つほどピックアップされます。この表示順位を上げるための施策が、MEO対策です。

MEO対策を行うことで、多くの人に認知してもらえ、集客アップにつながります。また、Googleマップだけではなく、Google検索の結果でも上位に表示されるようになります。このように、MEO対策によってGoogleマップとローカル検索双方で上位表示されるようになるため、ホテルのWebマーケティングにおいては非常に重要です。

1-1.MEO対策とSEO対策の違い

SEO対策も、Webマーケティングにおいて重要な施策です。SEO対策も検索結果を上位表示させるための施策ですが、検索方法・対策方法に違いがあります。

MEO対策で最適化するのは、マップ検索における検索結果です。一方、SEO対策では、検索エンジンでのオーガニック検索の結果を最適化します。つまり、Googleマップ上でGoogleビジネスプロフィールを上位表示させるのがMEO対策であるのに対し、自社のWebサイトを検索エンジン上で上位表示させるのがSEO対策なのです。

また、SEO対策に比べて、MEO対策の方が早く効果が出やすいという特徴もあります。

2.MEO対策のメリット


MEO対策には、以下のようなメリットがあります。

  • 誰でも無料で始められる
  • ほかのWebマーケティング対策よりも競合が少ない
  • ユーザーが求める情報を網羅的に表示できる

 

ここでは、MEO対策のメリットについて解説します。

2-1.誰でも無料で始められ、コストを抑えて対策できる

MEO対策は、Googleビジネスプロフィールに登録すれば誰でも始められます。Googleビジネスプロフィールは無料で登録でき、基本的な機能も無料で使用できます。そのため、自社でMEO対策を行えば無料でMEO対策を実施できるのが大きなメリットです。

業者に依頼する場合も、ほかのWebマーケティング施策に比べると費用が安い傾向にあります。例えば、SEO対策を業者に依頼すると月額10~30万円程度かかるのが一般的です。一方、MEO対策は月額3〜5万円程度で請け負っている業者が多いです。

このように、誰でも無料で始められ、対策自体もコストを抑えて実施できます。

2-2.ほかのWebマーケティング対策よりも競合が少ない

SEO対策では、業種やエリアを問わず、さまざまなサイトが競合になります。無数に存在するWebサイトを抑えて上位表示させる必要があるため、コンスタントな更新やキーワード調査、サイトデザインなどが求められ、難易度は高いです。

一方、MEO対策で競合になるのは、近隣の同業種です。例えば、渋谷区のホテルがMEO対策を行う場合は、渋谷区近辺エリアのホテル・旅館・民泊が競合になります。競合が少ないため、難易度が低く、対策の難易度が高くないのがメリットです。

2-3.ユーザーが求める情報を網羅的に表示できる

Googleビジネスプロフィールには、ホテルの所在地や定休日、チェックイン時間など、ゲストが知りたい基本情報を表示できるだけでなく、口コミやホテルの外観・内観の写真、アメニティの写真など、ゲストが宿泊前に知りたい情報を網羅的に掲載できます。

また、公式サイトのURLや予約ページも表示できるため、情報を見たゲストが予約しやすいのもメリットです。すぐに予約というアクションを起こせるため、集客率アップに貢献します。

3.MEO対策のデメリット


一方、MEO対策には以下のようなデメリットがあります。

  • ネガティブな口コミが寄せられる可能性がある
  • すぐに効果が出るわけではない

 

3-1.ネガティブな口コミが寄せられる可能性がある

Googleビジネスプロフィールには、さまざまなユーザーからあらゆる口コミが寄せられます。中には、ネガティブな内容もあるでしょう。たとえ風評被害になるような悪い口コミが寄せられても、ホテル側では削除できません。場合によっては、誹謗中傷のような口コミが寄せられ、炎上する可能性もあります。

しかし、ネガティブな口コミにも誠実に対応することで、かえってゲストからの信頼アップにつながるでしょう。また、口コミの内容をホテル運営に活かすことで、顧客満足度の向上にもつなげられます。捉え方によっては商機になるのです。

3-2.すぐに効果が出るわけではない

MEO対策は、SEO対策のようなほかのWebマーケティング施策に比べると、早く効果が出るのがメリットです。しかし、登録してすぐに効果が出るわけではなく、1〜3ヶ月ほどは継続して対策する必要があります。効果が出ないからといってすぐにやめてしまうのではなく、定期的な投稿や写真の更新、口コミへの対応といった地道な作業を、着実に継続して進めましょう。

4.MEO対策の基本的なやり方


ここでは、MEO対策の基本的なやり方について解説します。


4-1.Googleビジネスプロフィールに登録する

まずは、Googleビジネスプロフィールに登録しましょう。Googleアカウントを取得して、Googleビジネスプロフィールアカウントを作成します。アカウント作成にあたり、ホテル名やカテゴリ、住所や電話番号、Googleマップにおける位置選択などの基本情報を入力します。画面に従って入力しましょう。

また、アカウントを作成した後利用できるようになるためには、オーナー確認が必要です。Googleから届く確認用ハガキや電話、メールなどの方法で本人確認コードを受け取り、Googleビジネスプロフィールに入力すればオーナー確認が完了します。

4-2.キーワードを選定する

MEO対策で上位表示させるためには、キーワードを選定し、それをGoogleビジネスプロフィールになるべく多く記載する必要があります。ここでいうキーワードは、ゲストが検索する際に使う言葉のことです。例えば、横浜市でビジネスホテルを探しているゲストは「横浜市 ビジネスホテル」と検索するでしょう。さらに、レイトチェックアウトを希望するゲストは「横浜市 ビジネスホテル レイトチェックアウト」と検索することが予想されます。このキーワードこそが、MEO対策で設定すべきキーワードです。

キーワードを選定する際は、エリアや業種、ホテルの特徴などから考えましょう。また、検索ボリュームも重要です。検索ボリュームが大きいキーワードは、検索するゲストが多い一方、競合が多いと判断できます。逆に、ボリュームが少ないキーワードは、競合は少ない一方で検索されない可能性があります。

キーワードを3〜4つほど選定したら、そのキーワードをGoogleビジネスプロフィール上になるべく多く入れましょう。また、ゲストに口コミを書いてもらう際に、キーワードを含めるようにお願いするのも有効です。

4-3.基本情報を記入する

Googleビジネスプロフィールに基本情報を記入しましょう。ホテルの所在地や電話番号といった情報だけでなく、ロゴやホテルの外観・内観、食事の写真など、ゲストが宿泊するにあたって知りたい情報を網羅的に設定してください。

MEO対策で行うべき具体的な施策やコツについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ホテルマーケティングに必須!MEO対策のポイントと上位表示させるコツ

5.業務効率化も重要!セルフチェックインシステムがおすすめ


ホテルの利益を上げるためには、集客率をあげて売上を伸ばすことはもちろん、業務を効率化して経費を削減することも重要です。そこでおすすめなのが、セルフチェックインシステムの導入です。

セルフチェックインシステムとは、その名の通りホテルや旅館などでのチェックイン作業をゲスト自身で完結できるシステムのことです。ゲストに事前にQRコードが発行され、それをチェックインシステム端末にかざすと端末が自動で本人確認を実施し、チェックインが完了します。スマートロックと連携すれば、鍵の受け渡しまでを自動化できます。従来のフロント業務を効率化するシステムとして注目されており、ホテル運営において導入メリットが大きいシステムです。

詳しくは、ぜひ以下からお気軽にお問い合わせください。