ブログ

ウィークリーマンションとは?ターゲットから判る経営目線を徹底解説!

ブログ

近年、ウィークリーマンションを利用する方が増えています。そのの背景には不動産投資や単身赴任などの理由があり、住居者も急増しています。そんなウィークリーマンションについて今回は徹底解説いたします。ぜひ最後まで読んでみて下さい。

1.ウィークリーマンションとは

「ウィークリー」は、週や週ごとのという意味です。ウィークリーマンションというのは、短期間かつ1週間を目安に居住するマンションのことを指します。また、旅館業法の改正および民泊新法(住宅宿泊事業法)施行にともない、1日のみの利用も可能となりました。

2 普通のアパート・マンションとの違い

ウィークリーマンションと一般的な賃貸マンションの違いは、入居にかかる費用です。平均的に、ウィークリーマンションの家賃は、一般の賃貸物件の1.5〜2倍とされています。家賃が高いのは、ウィークリーマンションにはインターネット料金や備え付けの家具・備品代が含まれているためです。

3.ウィークリーマンションの利用者

ウィークリーマンションは1週間を目安にした滞在に適しています。そのため「出張」・「趣味の一環」などを目的とした方が利用するケースが多いです。都内に勤務する方が、地方で現地調査のため1週間滞在し、ウィークリーマンションを借りる、のように、利用者の様々なニーズに対応することができます。

4.ウィークリーマンション経営のメリット

ウィークリーマンションの経営におけるメリットとしては、所有している物件を収入源にすることができる点です。利用されていない建物や部屋でも管理を行うための維持費がかかります。遊休資産をウィークリーマンションとしてうまく活用することで、収入源にすることができるのです。
また、ウィークリーマンションでは住居人の入れ替わりが激しいため、近隣トラブルが非常に少ないとされています。そのため、通常のマンション経営よりも管理が楽なのがメリットです。

5.ウィークリーマンション経営のデメリット

ウィークリーマンション経営の大きなデメリットは、入れ替わりが激しい分空室のリスクが高まる点です。マンション経営において管理費がかかるため、住居者がいないことは最大の赤字に繋がるリスクが伴います。
ウィークリーマンションにおいて、経営を成功させるためには、利用者を増やして空室を作らないようにすることです。そのため、最近では特定の利用者に特化した「〇〇限定マンション」を打ち出し、利用者を囲う動きが見られます。例えば、セキュリティを強化した女性限定のウィークリーマンションや、物件探しに苦労することが多い短期留学生向けのウィークリーマンションなどが注目されています。

6.ウィークリーマンション経営で重視したいセキュリティ

いかがでしたか?今回はウィークリーマンションについてお伝えしてきました。ウィークリーマンションは近年需要の高まっている投資ビジネスなので、ぜひ検討してみて下さい。
また、ウィークリーマンションを経営するうえではセキュリティの強化が重要です。ここでは、セキュリティを強化するためにおすすめのシステムを2つご紹介します。
1つは、「スマートロック」です。ウィークリーマンションのように住居者の入れ替わりが激しいところでは、鍵の譲渡が手間となります。鍵の紛失時なども考慮して、おすすめなのが、スマートロックです。
スマートロックとは、従来の鍵の代わりにスマートフォンやICカード・暗証番号などを用いて、解錠や施錠を行えるシステムです。クラウド上で鍵を管理できるため、利用者ごとに暗証番号を自動で変えるなどしてセキュリティを強化できます。
2つ目は、「セルフチェックインシステム」です。セルフチェックインシステムとは、利用者とフロントスタッフが対面することなく、利用者自身でチェックインが完了するシステムのことです。ホテルや民泊での導入が増えているほか、ウィークリーマンションやマンスリーマンション運営においても取り入れられています。
セルフチェックインシステムを導入して安心安全なマンスリーマンションを経営したい方は、ぜひこちらからお気軽にご連絡下さい。