ブログ

2022.02.28

スマートキーをホテルへ導入?最新おすすめサービス9選!

  • ブログ
スマートキーをホテルへ導入?最新おすすめサービス9選!

近年、スマートキーの導入を行うホテルが急増しています。この要因としては、フロントスタッフとお客さんの対面を伴う場面が減り、コロナ対策を行えることやチェックインがスムーズに行えることが背景にあります。今回はスマートキーをホテルへ導入を考えているオーナー向けに解説していきたいと思いますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

無料で相談をする

 

1.スマートキーとは?

スマートキーとは、スマートフォンなどを用いて、鍵の解除を行うことが出来るシステムのことを指します。従来の鍵とは異なり、鍵の紛失などのリスクが減ることや前述でもお伝えした通り、チェックインがスムーズに行えることから、近年利用者が増えています。

また、チェックインのみならず、予約など様々な機能を搭載しているモデルも近年は増えてきています。サービスの紹介については、後ほどおすすめスマートキー9選でお伝えしていますので、御覧ください。

 

2.おすすめスマートキー9選

昨今、市場ではスマートキーの種類が増えています。なので、今回はおすすめのスマートキーをお伝えしたいと思います。

 

2-1 maneKEY

「maneKEY」は、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。

【料金】¥500〜/月額

無料で相談をする

 

2-2 HOTELSMART

「HOTEL SMART」は、ホテル向けクラウドチェックインシステムです。スマホやタブレットを活用したモバイルチェックインを簡単に導入可能!ゲストのスマホや宿泊施設に設置するタブレット端末(ICT機器)の活用により、スマートなチェックイン体験を実現できます。宿泊施設は受付の省人化や合法的な受付業務の無人化を実現できます。

【料金】¥29,800〜/月額

 

2-3 minpakuIN  

「minpakuIN」は、民泊・ホテルのオンライン受付システムです。 IoTの活用により、主に国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)、住宅宿泊事業法(民泊新法)、旅館業法での、合法的な民泊運営を支援します。

【料金】¥2,480〜/月額

 

2-4 Flexin

特区民泊、民泊新法、旅館業法(簡易宿所)に対応したチェックインシステムです。その他、マンスリーマンションやレンタルスペースなどにも導入可能。本人確認に必要なビデオ通話・パスポートデータ取得・手書きサイン取得はもちろん、カスタマイズ機能により、ユーザーにとって使いやすくより良いチェックイン手続きを提供することができます。

【料金】¥1,500〜/月額

 

2-5 AirHostONE

非対面チェックインを簡易的に実現でき、複数のOTA(宿泊施設予約サイト)を管理するサイトコントローラー・PMSであるAirHost HMSと組み合わせて利用することで、予約情報の自動連動が可能になります。

【料金】¥6,000〜/月額

 

2-6 bitlock Starter Kit

bitlock Starter Kit(ビットロック スターターキット)はスマートフォンやICカードを使いアクセスコントロールやログ管理を実現できる、ベーシックなプロダクトセット。低コスト、工事不要、お届けから最短1日で導入できます。

【料金】¥5,000〜/月額

 

2-7 カギカン

カギカン管理コンソールから、Qrio Lock専用アプリに合カギの発行が可能です。1アプリで、複数ドアのカギを管理することができ、複数の店舗や事業所を利用する場合も、いくつもカギを持ち歩く必要はありません。

【料金】¥4,950〜/月額

 

2-8 あんしんステイIoT

今までは対面のみだった本人確認が、タブレットを使用したテレビ電話でも可能に。法律・省令・条例に則った本人確認・宿帳の取得が効率的になります。また、タブレットを使用したテレビ電話で通話料を気にすることなく、宿泊者からの緊急のご連絡や様々なお問い合わせに迅速な対応ができます。

【料金】¥1,600〜/月額

 

2-9 Akerun入退室管理システム

入退室管理を軸にオフィスや施設における様々な空間管理の課題を解決。オフィスセキュリティの強化や業務の効率化、無人管理の新しいビジネスモデルの創出など、あなたのビジネスに新しい価値と利益を生み出します。

【料金】お問い合わせ/月額

      

3.導入メリット

ホテルにおいて、スマートキーの導入におけるメリットを大きく分けて2つ紹介したいと思います。

 

3-1 人件費削減

1つ目は人件費削減です。従来ではホテルスタッフが常駐することが当たり前でした。しかし、昨今より需要を高めている、無人チェックインサービスの普及に伴い、無人化ホテル運営が可能となり、人件費削減にも繋がっています。

 

3-2 コロナ対策

2つ目はコロナ対策です。コロナ対策の観点としては、2つあります。1つ目はフロントスタッフとの対話がないことです。2つ目はチェックイン・チェックアウト時のお客様同士のコロナ対策です。

 

4.導入デメリット

次に、デメリットを紹介したいと思います。デメリットも大きく分けて2つほど、紹介したいと思います。

 

4-1 初期コスト

1つ目は初期コストです。無人チェックインシステム導入に向けて、ランニングコストが掛かってきます。そのため、無人チェックインシステムを導入する際のランニングコストを上回る売上見込がある場合であれば、導入をおすすめします。

 

4-2 万が一の場合

スマートキーを導入することで基本的にはフロントスタッフの無人化が可能になります。しかし、ホテル無人化なのに、スタッフを要する?と思われたかと思います。なぜなら、基本的にはシステムに問題は起こらないものの、操作がわからないお客様に対してはスタッフを要する必要があります。

 

5.スマートキーのタイプ

スマートキーの解錠方法は主に、「ICカード」、「暗証番号」、「スマートフォンアプリ」これらの3つが挙げられます。挙げられます。ICカードや暗証番号は外国人観光客でも手間をかけずにチェックインを済ませることができるので人気が高いです。また、スマートフォンアプリでは、ICカードや暗証番号で補えない部分が可能となることが国内では人気が高いです。

 

6.スマートキーの導入を考えている方向け

いかがでしたか?今回はスマートキーの概要からおすすめサービスの解説を行いました。​​ホテルへスマートキーサービスを導入したい方は、ぜひこちらからお問い合わせください

無料で相談をする

Share

Close Bitnami banner
Bitnami