ブログ

24時間チェックイン可能!セルフチェックインホテルとは?

ブログ
24時間チェックイン可能!セルフチェックインホテルとは?

海外を中心にセルフチェックインホテルが発足し、昨今では、日本の有名ホテルでも導入事例が増えています。そんなセルフチェックインを自社ホテルへ導入を考えられている方向けに、需要が高まっている背景からサービス事例などをもとに解説したいと思います。ぜひ、最後まで読んでみてください。
 

1.セルフチェックインホテルが需要を高めている理由

セルフチェックインホテルが需要を高めている一番の要因としては、手間を省くことが可能になり、ストレスの緩和に繋がることが要因に挙げられます。ホテルでのチェックイン時に取られてしまう、無駄な時間にストレスを感じる方が少なくありません。
 
そして、ホテルを利用する多くの方が旅行や観光をメインに訪れます。しかし、チェックインの時間を気にしてしまうことで、旅行の計画を立てづらくなってしまいます。
ですが、セルフチェックインを導入することで、スムーズなチェックインを可能とし、旅行計画も立てやすくなります。

また、近年需要を高めている理由としては、感染防止対策も挙げられています。コロナ禍により、感染へのリスクが大いに高まりました。これらのことから、セルフチェックインにより、非対面化となったとこで、感染防止にも繋がることが考えられます。
 
 

2.セルフチェックインサービス「maneKEY(マネキー)」


セルフチェックインサービスの実態はご存知ですか?
多くの方がセルフチェックインサービス自体は知っていたり、触れていたりします。しかし、実際はセルフチェックインサービスを運営している企業を認知していません。なので、ここでは、業界を代表して、セルフチェックインサービスに力を入れている「maneKEY」を紹介したいと思います。
 
maneKEYはデザインの通り、招き猫を象徴しており、特徴としては、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスであり、AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。maneKEYが詳しく気になる方は
こちらからお気軽にご連絡ください。
 

3.セルフチェックインホテル導入事例

前述の通り、セルフチェックインホテルは日本でも増加しています。
日本で多くの方が認知している業界大手のセルフチェックインサービスを導入しているホテルを3つ紹介したいと思います。
 

3-1.アパホテル

アパホテルでは、”アパ直”と呼ばれるセルフチェックインサービスが実装されおります。内容としては、事前にアプリからオンライン決済を行い、宿泊者の名前など情報を記入するという至って簡単なシステムです。
参照:アパホテル公式
 

3-2.東横イン

東横INNクラブカード会員に入会し、オンライン決済を行った方には、東横INNクラブカードがスマートキーとなり、ホテル内に置かれているセルフチェックイン機に東横INNクラブカードを機会にかざすことで、チェックインが可能となります。
参照:東横INN公式
 

3-3.東京ディズニーランド

東京ディズニーランドでは、セルフチェックインを可能としているホテルは決まっており、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタこれらはセルフチチェックインが可能なホテルとなっています。
参照:東京ディズニーリゾート
 

4.セルフチェックインシステム導入の流れ

場所貸しビジネスを行う際に税務署へ書類の提出を行わなくては開業を行うことが出来ません。なので、まず、税務署へ必要書類の提出を行う必要があります。そして、次に立地の確保を行います。まず開業を考えられている方はこちらから詳しい内容を参考にしてみてください。
 
 

5.【まとめ】導入を検討している方向けサービス

いかがだったでしょうか?今回はセルフチェックインホテルについて解説を行いました。セルフチェックインは今後更に需要が高まると言われています。今回を堺に導入を少しでも検討された方はこちらからお気軽にご連絡ください。