ブログ

セルフチェックインホテルとは?気になることをすべて徹底解説!

ブログ

近年、コロナウイルス蔓延に伴い、多くの場面で感染対策を強いられる場面が当たり前となりつつあります。それに伴いホテル業界では、セルフチェックインシステムの導入事例が多くなりました。そこで、今回はセルフチェックインホテルの導入例からメリットまで多角的に徹底解説します。ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

1.セルフチェックインシステムとは

セルフチェックインとは、従来のチェックインシステムとは異なり事前にチェックインシステム作業をインターネットなどを用いて済ますことが出来るシステムのことを指します。そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことでスムーズなチェックインをすることができます。

多くのホテルで無人ホテル運営が行える背景には、セルフチェックインシステムの導入が大半だと言えます。そのため、今後ホテルの運営に無人化を検討している方は引き続き、お読み下さい。

 

2.セルフチェックインシステムの使い方

ここでは、セルフチェックインシステムを利用したチェックイン方法について解説します。まず、予約が入ったら運営者は管理画面で予約情報を確認します。その後、予約者に定型文を送信、同時に宿泊者専用のQRコードを発行します。

チェックイン時、宿泊者はQRコードをセルフチェックインシステム端末にかざすだけで、自動でチェックインできるので。セルフチェックインシステムにはAIが搭載されているものも多く、自動で正確な本人確認を行ってくれます。このように、セルフチェックインシステムを使えばホテルのチェックイン業務を無人化・効率化することが可能です。

 

3.セルフチェックインシステムを導入するメリット

セルフチェックインシステムを導入するメリットを、ゲスト目線とホスト目線にわけて1つずつお伝えしたいと思います。今回は代表的なメリットのみお伝えします。

 

3-1 チェックイン時が手軽になる(ゲスト側)

ホテルへ宿泊する方の多くは、旅行や宿を楽しみにお越しになる方が大半です。そのため、手間のかかってしまうチェックイン業務をいち早く済ませたい方が多いです。

従来のフロントでのチェックインの場合、列を作ってしまい、混雑してしまうことがありました。特に、早く荷物を部屋に置き観光を楽しみたい方、部屋でゆっくりしたい方にとっては、チェックイン前の待ち時間はストレスになることもあります。

しかし、セルフチェックインシステムを導入することで、短い待ち時間でチェックインを済ませることが可能になり、スムーズなチェックインが可能になりました。そのため、ゲストからするとストレスなく、旅行を従来よりも楽しめるようになったのです。

 

3-2 人件費削減(ホスト側)

2つ目は人件費削減です。従来ではホテルスタッフが常駐することが当たり前でした。しかし、セルフチェックインサービスの普及に伴い、ホテル運営の無人化が可能となり、人件費削減にも繋がっています。

また、フロントスタッフにかけていたコストを抑えることが出来るほかにフロントスタッフのシフト管理を行うといった、時間や手間としてのコストも抑えることが可能です。

 

4.セルフチェックインシステム使用時の鍵の受け渡し方法について

セルフチェックインシステムの導入に伴い、フロントスタッフの軽減やフロント業務の軽減などを行うことは出来ますが、物理的にキーが存在する場合、キーの受け渡しが必要になります。なので、セルフチェックインを導入したものの、メリットを感じることがあまり出来なくなってしまう恐れがあります。

そこで、セルフチェックインシステムを最大限に効果を高めるタイプとしては、キーの実在しない、セルフチェックインです。

 

これらのタイプの例としては、スマートフォンを用いて、チェックインから部屋に入るまで全ての流れを一貫してスマートフォンで行うことが出来ることから、セルフチェックインにおけるデメリットをなくすことが出来ます。

 

5.セルフチェックインシステム導入事例


セルフチェックインシステムの導入事例は近年、多くなってきています。また、セルフチェックインシステムの導入事例として、導入事例の多く上がっているケースとしては「ホテル旅館」・「民泊」これらの導入事例が増えています。

また、導入事例における実際のホテルなど、詳細が知りたい方は、下記から詳細をご確認してみてください。
導入事例

 

6.セルフチェックインシステムのおすすめサービス

セルフチェックインシステムのおすすめサービスをここでは紹介したいと思います。また、セルフチェックインは近年種類も豊富になっていることから今回は厳選して3つ紹介したいと思いますので、ぜひ気になるサービスはチェックしてみてください。

 

6-1 maneKEY

「maneKEY」は、非対面でのカウンター 業務を可能にするスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対 応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非 対面での新しい接客様式」によって宿 泊客様と施設管理者様双方の安心・安 全に寄与します。

 

6-2 HOTELSMART

HOTEL SMART(ホテルスマート)は、ホテル向けクラウドチェックインシステ ムです。スマホやタブレットを活用した モバイルチェックインを簡単に導入可能!ゲストのスマホや宿泊施設に設置す るタブレット端末(ICT機器)の活用によ り、スマートなチェックイン体験を実現 できます。宿泊施設は受付の省人化や法的な受付業務の無人化を実現できます。

 

6-3 minpakuIN

minpakuINは、民泊・ホテルのオンライ ン受付システムです。 IoTの活用により、 主に国家戦略特別区域外国人滞在施設経 営事業(特区民泊)、住宅宿泊事業法 (民泊新法)、旅館業法での、合法的な民泊運営を支援します。

 

7.セルフチェックインシステムの料金


セルフチェックインシステムが普及し、セルフチェックインサービスの種類も豊富になりました。そのため、料金もサービスによってさまざまです。様々なので、一概にハッキリとはしていませんが、一例として、maneKEY(マネキー)」の場合では料金のシュミレーションが行えるので、下記からお試し下さい!
シュミレーションシステム

 

8.まとめ

いかがでしたか?今回はセルフチェックインシステムについて、使い方や導入メリット、料金、おすすめサービスなどを解説しました。近年セルフチェックインシステムは需要を高めており、サービスの種類も増えています。ぜひ、ご自身の運営体制に合うシステムを選んでみてください

セルフチェックインシステムを導入するにあたって、多くの方が比較検討材料とされるのが「料金」です。そんな料金がひと目で分かるシュミレーションをご用意しております。セルフチェックインシステムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

シュミレーションシステム