ブログ

セルフチェックインシステムとは?おすすめサービス5選紹介!

ブログ
セルフチェックインシステムとは?おすすめサービス5選紹介!

セルフチェックインシステムが近年、需要を高めています。その背景には感染防止が挙げられます。しかし、改めてセルフチェックインでは便利なツールとして見直しが図られました。感染防止以外の場面においても需要を高めてる同システムを具体的なサービス5つをもとに解説したいと思いますので、ぜひ参考にしてください。
 
【無料相談】
 

1.セルフチェックインシステムとは?

セルフチェックインシステムとは事前に従来のチェックインシステム作業をインターネットなどを用いて済ますことができるシステムのことを指します。そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことでスムーズなチェックインをすることができます。
 
また、多くのホテルでは、感染防止として無人チェックインや無人フロントが増えています。これらの体制で運営を行える理由としてはセルフチェックインが大半です。また、このシステムが利用客から高い評価を得ています。
 

2.おすすめセルフチェックインサービス5選

セルフチェックインが利便性の高いサービスであるこは理解出来たかと思います。つぎにセルフチェックインの導入を実現するにあたってツールが必要になります。ここではおすすめサービスを5つ紹介したいと思います。
 

2-1 maneKEY(マネキー)

「maneKEY」は、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。
 
また、「maneKEY」では月額基本料が完全無料になります。請求に関しては利用した分のみ支払うという形を取っています。そして、ホテルや民泊施設に合わせて導入を行えることから初期投資においてリスクが大幅に減ります。

 

2-2 minpakuIN(ミンパクイン)

「minpakuIN」は、民泊・ホテルのオンライン受付システムです。 IoTの活用により、主に国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)、住宅宿泊事業法(民泊新法)、旅館業法での、合法的な民泊運営を支援します。
 
また、「minpakuin」ではサービス重視で行われています。そのため、24時間コールセンターの対応や部屋割りや決済方法の種類などサービス向上のために多角的な方面からサービス向上を試みています。
 
出典:minpakuin(https://renoful.jp/minpakuin/)
 

2-3 FlexIN (フレックスイン)

「FlexIN」はゲストがご自分のスマホでチェックインに関する操作をすべて行える「セルフチェックインシステム」です。実際に利用される方のユーザビリティを重視し、事業者さまに導入しやすいシステムを実現しています。民泊はもちろんマンスリーマンションや企業内受付・会議室など、様々なところで活躍の場を広げています。
 
また、「FlexIN」は多機能で低価格なセルフチェックインシステムを実現しており、アフターフォローとしてはテレビ電話による対応を迅速に行います。そして外国人利用客向けに4ヶ国語対応とされています。
 
出典:FlexIN(https://jsk.co.jp/flexin/)
 

2-4 HOTELSMART(ホテルスマート)

「HOTELSMART」は旅館・ホテルの運営をサポートするトータルソリューション型のホテルシステムです。施設形態問わず、全国900施設で導入済みです。宿泊施設の運営に役立つ機能やオプションを様々ご用意しています。施設の運用形態に合わせて臨機応変に対応可能です。
 
また、「HOTELSMART」は運営者による業務を円滑に行います。なかでも宿泊税・入湯税の管理や売掛管理なども対応していますので、利用客も運営者も手間をかけずして施設利用を堪能出来ます。
 
出典:HOTELSMART(https://www.hotelsmart.jp/
 

2-5 AirHostONE(エアホストワン)

運用に合わせて非対面チェックインを実現。ワンクリックで簡単に利用開始できます。
現地でのゲスト負担を軽減する事前チェックインから、到着後の本人確認、決済、部屋、鍵の案内までトータルサポートしています。
 
また、「AirHostONE」は人手不足や人員削減に重きをおいており、予約からチェックアウトまですべてのフロント業務を完全無人化で実現することができます。
 
出典: AirHostONE(https://airhost.co/ja/products/airhost-one/)
 

3.鍵の受け渡しの具体的な流れ

従来のホテルチェックインの際は、フロントマンからの鍵の受け渡しが主流でした。しかし、セルフチェックインでは従来でお伝えした通り、QRコードなどスマートフォンを活用することでチェックインが可能になりますので、鍵の紛失などのリスクがなくなります。
 

4.セルフチェックインシステムを導入したい方!

いかがでしたか?今回はセルフチェックインシステムについて解説を行ってきました。本記事が参考になった方がいれば幸いです。前述でもおすすめしたサービスの1つmaneKEYが気になった方向けに無料相談コーナーを特設しましたので、お気軽にご相談ください。