ブログ

民泊にセルフチェックインシステムが増えている?原因からメリデメまで徹底解説

ブログ
民泊にセルフチェックインシステムが増えている?原因からメリデメまで徹底解説

従来、宿泊施設といえば企業が運営するホテル・旅館でした。しかし、近年になり、個人が空き家や空き部屋を利用して宿泊客を招き入れる、民泊事業も盛んになっています。そこで、今回は現在民泊運営をしているが運営をより効率化したいという方や、今後民泊事業を考えている方向けに、セルフチェックインシステムをご紹介します。

 

1.民泊チェックイン方法

現在、民泊におけるチェックインの方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は従来の形式でもある有人チェックインです。2つ目は近年急増しているセルフチェックイン(無人チェックイン)です。

 

2.有人チェックイン

有人チェックインではフロントスタッフを構え、宿に到着後にチェックイン業務を行い、鍵の受け渡し作業を行います。

 

3.有人チェックインのメリット・デメリット

ゲストにとっての大きなメリットは、チェックイン時に不明な点や館内の案内をしてもらえることです。また、チェックイン直後、部屋に入った際に、トラブルなどがあった場合は、直ちに対処してくれることも挙げられます。

 

また、ホスト視点のメリットは、有人の場合スタッフがエントランスに常駐してることが多く宿泊日より前に宿泊施設に荷物を送りたい方の要望に答えることが出来るため、利用者へのサービス

 

つぎに、有人チェックインにおけるデメリットをお伝えします。

ゲスト側の有人チェックインのデメリットは、コロナ禍に入り感染対策を生じられる機会が多く求められるため、有人のチェックインにおける大きなデメリットとされています。

 

ホスト側のデメリットとしては、フロントスタッフを常駐する必要もなくなるため、人件費の削減へと繋がります。また、スタッフの管理もなくなるため、スタッフ管理(シフト管理)によるストレスがフリーとなります。

 

4.セルフチェックイン(無人チェックイン)

セルフチェックインとは、従来のチェックインシステムとは異なり事前にチェックインシステム作業をオンラインで済ますことができるシステムのことを指します。そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことでスムーズなチェックインをすることができます。

 

5.セルフチェックインのメリット・デメリット

セルフチェックインにおける、ゲスト側のメリットからお伝えします。従来の有人チェックインでは、列を作ってしまい、混雑してしまうことがありました。特に、早く荷物を部屋に置き観光を楽しみたい方、部屋でゆっくりしたい方にとっては、チェックイン前の待ち時間はストレスになることもあります。セルフチェックインシステムなら、それらのストレス軽減につながり、ゲストの満足度アップに貢献します。

 

ホスト側のメリットは、人件費削減です。従来ではスタッフが常駐することが当たり前でしたが、セルフチェックインシステムなら受付に人員を割く必要がありません。ホテル運営の無人化が可能となり、人件費削減と運営の効率化につながっています。

 

次に、セルフチェックインにおけるゲスト側のデメリットをお伝えします。

前述でお伝えした通り、フロントスタッフが常駐しないとなると、何かあった際に気軽に質問するのが難しくなります。そのため、フロントスタッフがいないことに不信感を抱く方も多いため、コールセンターなどを用いてることをおすすめします

 

ホスト側のデメリットとしては、費用がかかってしまうことです。セルフチェックインは便利かつ運営を円滑化させてくれるサービスではありますが、フロントスタッフを常駐した場合と導入コストで比較した際に、フロントスタッフを雇った方がコストを抑えることもできる場合もあるので、一度お気軽にご相談してみてください!

 

6.セルフチェックインシステムの導入・利用にかかる費用

セルフチェックインが普及し、セルフチェックインサービスの種類も豊富になりました。導入にかかる費用はサービスによってさまざまですが、例えば「maneKEY(マネキー)」の場合では料金のシミュレーションが行えますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

詳しい料金シミュレーションは、下記から簡単に行えます。

https://www.manekey.com/simulation/

 

7.セルフチェックインのおすすめサービス

いかがでしたか?今回は民泊におけるセルフチェックインについて徹底解説してきました。ホテルなどの宿泊施設ではセルフチェックインが導入されている施設も多くなりました。しかし、民泊では、まだ導入が十分に進んでいません。導入すれば、チェックイン業務を効率化・スムーズ化でき、他の民泊施設を差別化を図ることができます。ぜひこの記事を参考に、導入を検討してみてください。

また、セルフチェックインシステムについて、お悩みや相談などがありましたら、お気軽に下記からお問い合わせください。