ブログ

セルフチェックインシステムを徹底解説!おすすめサービスを5選紹介!

ブログ

セルフチェックインシステムは近年需要を高めています。しかし、同サービスのメリット・デメリットなど細かい部分を知る場面が少ないことも事実です。
本記事では、セルフチェックインシステムの徹底解説からおすすめサービスを5つ紹介しています。ぜひ最後まで読んでみて下さい。

1. セルフチェックインとは?

多くの方がセルフチェックインという言葉を聞いたことがあると思います。しかし、中にはセルフチェックインを理解していない方もいると思いますので、解説していきます。

セルフチェックインとは、フロントスタッフと対面することなくお客様自身でチェックインが完了することです。多くの施設では、近年多くの場面で見ることが増えた例としては、自動精算機やチェックイン用のタブレット端末などがあります。

最近では、宿泊客は現地へ到着するまでに、チェックインに必要な情報をオンラインで入力し、当日はフロントではなく、専用の機械でQRコード等を読み込むだけで簡単にチェックインできる施設も出てきています。

2. おすすめセルフチェックインサービス厳選5選

セルフチェックインシステムをセールスしている企業は多くあります。そのため、セルフチェックインサービスを選ぶ際に悩んでしまうかと思われます。ここではおすすめサービスを5つ紹介します。

3. メリット

前述の通り、近年セルフチェックインシステムが需要を高めています。
主に、大手ホテルからコンビニまで様々な媒体から利用者を増やしています。
なぜ、ここまで需要が高くなったのか?メリットを中心に解説していきたいと思います。

3-1 感染症対策

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの施設では消毒液の設置を見かけるようになりました。しかし、これらが設置されていても、人との接触があれば感染リスクは上がってしまいます。

ホテルに関しては、フロントでのチェックインが最も人との接触時間が長く、フロントは他の宿泊客と会う場所でもあります。しかし、セルフチェックイン機を導入することで非対面・非接触チェックインが可能となり、フロントスタッフや他の宿泊客との接触を防ぐことが出来ます。

3-2 フロント待ち時間の解消

従来のフロントでのチェックインの場合、列を作ってしまい、混雑してしまうことがありました。特に、早く荷物を部屋に置き観光を楽しみたい方、部屋でゆっくりしたい方にとっては、チェックイン前の待ち時間はストレスになります。しかし、セルフチェックインを導入することで、少ない待ち時間でチェックインを済ますことが可能になり、スムーズなチェックインが可能になりました。

4.デメリット

セルフチェックインシステム導入に伴い、デメリットの解説を行いたいと思います、主にデメリットは2つあります。

4-1 導入費用

セルフチェックインシステムを導入する際に、導入費やランニングコストが掛かります。もし費用対効果を見た際に、導入費やランニングコストを上回るようでしたら、デメリットではないと言えます。

4-2 対人の場面が減る

メリットの方では、対人場面が減り感染症対策へと繋がるとお伝えし、矛盾していると思われる方も多いかと思われます。しかし、なかにはロビーでの対話を好む方もいます。そのため、デメリットでもあります。

5.セルフチェックイン導入を考えている方はここから

いかがでしたか?今回はセルフチェックインシステムについて解説を行いました。
その他にも、セルフチェックインサービスをより詳しく知りたい方は、お気軽にご連絡ください!