ブログ

サロン開設には予約システムが必須?おすすめサービス6選!

ブログ
サロン開設には予約システムが必須?おすすめサービス6選!

近年、予約サロンシステムが需要を高めています。その背景には、電話ではなくネットで予約するユーザーが増えていることが挙げられます。この記事では、予約システムのメリットと、おすすめの有料・無料サロン予約システムについて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!
 

1.サロン予約システムとは?

近年では、タブレットやスマホアプリなどから簡単にサロンの予約ができるタイプが主流となっています。機能としては、顧客の好みや過去の利用履歴などの顧客情報管理に加えて、顧客をセグメント化してくれるものもあります。そして、特定のお客様へメッセージの配信なども可能です。
決済周りでは、POSレジや会計と連携して会計処理やレジ締めなどの業務を行ってくれるシステムも増えています。、こちらも導入の際の比較検討材料にしてみてはいかがでしょうか。
 

2.サロン予約システム導入のメリット3つ

サロン予約システムには、様々なメリットがあります。ここでは3つのメリットをお伝えします。
 

2-1 24時間予約受付!

24時間365日予約できるということは、お客様にとっても従業員としても予約によるトラブルを防ぐこともできます。なぜなら、お客様としては、事前連絡を行えることでトラブルを防ぐことが出来ます。そして、従業員としては、システムに任せておくことで、トラブルを防ぐことが可能になります。
また、電話のみで予約を受け付けている場合だとどうしても営業時間内に連絡をする必要がありますが、24時間受付が可能ならお客様が好きなタイミングで連絡をすることができます。
 

2-2 顧客情報の蓄積

予約システムは、顧客の予約スケジュールを組むことがメインのサービスになります。そして、1人1人の顧客情報も管理することもできます。新規客から既存顧客まで手厚いサポートが行え、マーケティングに活かすこともできるのです。
 

2-3 スタッフの業務負担を軽減

予約システム導入に伴い、スタッフの予約管理に割く手間が省けます。その分、他の業務に手を回すことができます。
また、スタッフの業務負担の軽減はサロンを運営するうえで重要な要素のひとつです。業務負担を軽減することで、その分提供するサービスの質を向上させることにもつながります。
 

3.おすすめ無料サービス3選

ここでは、無料で導入できる予約サロンシステムを紹介します。
 

3-1GOOPE(グーペ)

「GOOPEはGMOペパボ株式会社が提供するサービスです」
「イベント予約」は、日時・内容が決まっているサービス・イベントの予約受付ができる機能です。イベント・サービス内容の作成、予約日程の設定、表示設定の3ステップで、予約受付ができるページが完成します。ホームページ作成サービス自体は有料ですが、ウェブ予約の機能は、「グーペ」のすべてのプランで追加料金無しで利用可能です。
GOOPE公式HP
 

3-2 RESERVA(レゼルバ)

「RESERVAは株式会社コントロールテクノロジーが提供するサービスです」
最初に、「サービス提供タイプ」など5つの予約タイプから選択します。サロンなら「サービス提供タイプ」が良いようです。スタッフ指名にも対応しています。店舗情報、営業時間、メニュー、スタッフを登録していくと予約ページの完成です。無料プランでは、予約受付ページに広告が表示されます。
RESERVA公式HP
 

3-3 Airリザーブ

「Airリザーブは株式会社リクルートが提供するサービスです」
最初に、カレンダータイプの選択で「自由受付」「事前設定」が選べます(後からの変更はできない)。サロンなら予約者が希望の時間から申し込む「自由受付」タイプを選ぶと良いようです。店舗の営業時間や担当者(リソース)、メニューを登録していくと予約受付ページの完成です。
Airリザーブ公式HP
 

4.おすすめ有料サービス3選

以下のサービスは全て有料となります。有料サービスでは無料では使えないような便利な機能が搭載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。
 

4-1 STORES予約

「STORES予約はヘイ株式会社が提供するサービスです」
STORES予約はサービス内容によって自由なカスタマイズができる予約システムで、180以上の業種で利用されています。多種多様な機能だけでなく、集客力アップのためのSEO機能も備わっています。Google での予約やメディア掲載も無料なため便利です。プランによっては、電話サポート・メール・チャット・初期設定代行といったサポートもあり、幅広いサービスを用意しています。
また、支払い方法は、チケット制(回数券)・月謝制(継続課金)・事前予約決済といった幅広い対応が可能です。予約システムの中にはユーザー向けのアプリも紹介しており、リピーター獲得率のアップも期待できます。

STORES予約公式HP
 

4-2 WTE(ワールドトークエンジン)

「WTEは株式会社ライトアップが提供するサービスです」
WTE(ワールドトークエンジン)は、顧客・請求管理、レッスン管理、予約管理まで幅広く揃える高級な機能を持つ運営システムです。サイト構築はサポートを受けながらできるので、導入後すぐにサービスを運営できます。会員自身で予約やキャンセルができるため、講師と会員の仲介は不要です。サービス料金の支払い方法はクレジットカードで簡単に行えます。月額プランを購入すれば毎月自動的に決済されるので、サブスクリプションビジネスにも活用できます。
WTE公式HP
 

4-3 coming-soon(カミングスーン)

「coming-soonは株式会社カミングスーンが提供するサービスです」
coming-soonは、お客様の来店行動をプッシュ通知で教えてくれる機能が特徴の予約システムです。coming-soonは指名なしのお客様に対して誰が対応するのかを判断してくれます。座席数や当日出勤者数から予約の最大値を決め、対応可能数の予約までしか入らないようになっています。
また、組み合わせ不可能な施術は自動的にはじく、ダブルブッキングやオーバーブッキングを事前回避する、といったことが可能です。サロン業界で唯一の特許で認められたシステムは、まさに現在最も注目されているといっても過言ではないでしょう。

coming-soon公式HP
 

5.セルフチェックインシステムならmaneKEY(マネキー)

今回はサロンの予約システムについて紹介いたしましたが、受付業務を最適化できるセルフチェックインシステムもおすすめです。セルフチェックインシステムは、主にホテルや民泊において便利なサービスになります。
maneKEY(マネキー)は、デザインの通り招き猫を象徴しており、ホテルを利用される方に安心・安全な自動チェックインシステムです。AIを活用した本人認証によって、非対面でのカウンター業務を可能にします。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって、宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。maneKEYが詳しく気になる方はこちらからお気軽にご連絡ください。