ブログ

2022.01.31

レンタルスペース経営で開業!4項目をもとに徹底解説!

  • ブログ
レンタルスペース経営で開業!4項目をもとに徹底解説!

近年、レンタルスペース経営の需要が高まっています。今回はレンタルスペースの経営をしたいと考えている方向けに、レンタルスペースの概要からスタートアップまでの流れをこの記事にまとめたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

無料で相談をする

 

1. 急成長しているレンタルスペースとは?

レンタルスペースとは、貸しスペースのことを指します。また、活用例としてはパーティールームや会議室やポップアップストアなど形態は様々です。ユーザーからのニーズとしては都心で安く借りることが出来ることから、近年人気が高まっています。

 

2. レンタルスペース経営にあたって開業4項目

レンタルスペース経営の開業は以下の4項目となります。

「税務署へ書類の提出、立地の確保、利用目的の決定、安全面の確認」

 

2-1 税務署へ書類の提出

開業手続きには、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書(いわゆる開業届)」「所得税の青色申告承認申請書」という2種類の書類を提出することが最低限必要となります。

 

2-2 立地の確保

貸し出す物件の種類は大きく分けて「賃貸」、「自己所有物件」の2種類です。その物件の性質によって、事前に準備しておきたい事項も異なります。

 

2-3 利用目的の決定

前述でもお伝えしたとおり、レンタルスペースビジネスでは多種多様な利用目的があります。なので、利用目的を定める必要があります。

 

2-4 安全面の確認

開業にあたり、沢山のアイデアが膨らんでいるかと思われます。しかし、セキュリティー面を怠っては長い年月で運営が出来なくなります。なので、最後にセキュリティー面をお伝えしました。

 

また、レンタルスペース開業に向けて詳しく別の記事で開業までの流れを書いていますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

無料で相談をする

3. レンタルスペース経営のメリット・デメリット

レンタルスペース経営を行う上で、発生するメリットやデメリットをお伝えしたいと思います。

 

3-1 レンタルスペース経営のメリット

レンタルスペース最大のメリットは、オフィスを維持する上での維持費が他のビジネスと比べて、負担が掛からないことです。しかし、会議室の使用や清掃費等に別途費用がかかる場合もあるため、事前に確認することをおすすめします。

 

3-2 レンタルスペース経営のデメリット

レンタルスペース経営をはじめる上でのデメリットは2つあります。

1つ目は、賃貸で始める場合です。家賃で開業をした場合は毎月の家賃が掛かります。なので、見込み客数よりも少なく、家賃を上回らない限りは利益が出ないとされています。そのため、利益が出しづらいと言えます。

 

2つ目は、所有するスペースで始める場合です。レンタルスペースは多くの利益が出せないということです。1店舗あたりの利益は1ヶ月で平均で10万円程と言われています。これらの2つがデメリットとされています。

 

4. レンタルスペースを考えてる人必見!

いかがでしたか?今回はレンタルスペース経営についてまとめてきました。

本文の重点として

開業に向けた4項目

税務署への、立地の確保、利用目的の選定、安全面の確認

レンタルスペースのメリット・デメリット
維持が掛かりくい、家賃を上回る利益が必要、売上見込みが低い

これらの内容で本記事はまとめてきました。

無料で相談をする

Share

Close Bitnami banner
Bitnami