ブログ

民泊代行とは?民泊代行に纏わる費用相場からメリットまで徹底解説!

ブログ
民泊代行とは?民泊代行に纏わる費用相場からメリットまで徹底解説!

近年需要を高めている民泊市場。コロナウイルスで一時利用は減りましたが、最近では旅行客も増え始め、再び注目を集めています。しかし、民泊を始めるうえでは必要な手続きや作業が多く、ハードルが高いと感じている方も多いのではないでしょうか。
実は近年、民泊代行サービスが発足し、民泊を開業しやすい体制が整っているのです。。本記事では、民泊代行の概要から料金、優良業者まで徹底解説します。ぜひ最後まで読んでみてください。
 

1.民泊代行業者とは

民泊代行業者とは、民泊におけるホスト業務を代行してくれる会社のことです。民泊開業の手続きやゲスト対応、清掃などの実際の運用まで、民泊業におけるあらゆる業務を代行してもらえるサービスです。
民泊運営のコストを最小限に抑えたいのなら、代行業者へ依頼せず、自身で運営を行うのがベストです。しかし、費用対効果を考えると、民泊代行業者を利用するメリットも多くあります。メリットについては後ほどお伝えいたします。
 

2.費用相場

民泊代行と一口に言っても、会社やサービスによってかかる費用は異なります。費用相場は、完全に委託する場合は10万円ほど、部分的に業務を委託する場合だと5万円程です。
また、支払い方式もさまざまです。売上保証や売上に対して何%かをフィーとして支払う形式や、月額制で月々一定額を支払う形式など、会社やサービスによって支払い形式もさまざまです。
 

3.民泊代行業者に依頼するメリット

民泊代行業者に依頼した場合、費用はかかってしまうものの、メリットも多いです。そんなメリットを3つ紹介したいと思います。
 

3-1 民泊運営を円滑に営業可能

民泊運営には、始めるための物件探し、消防適合通知書取得、特区民泊、簡易宿泊所申請、家具の購入、搬入、組み立てといった準備から、掃除・ゲストとのやりとりといった実際の運用まで、やるべきことがたくさんあります。民泊代行業者を利用すれば、民泊運営に必要なさまざまな手続き・作業をすべてを代行してもらえるので、円滑に営業することができるのです。
 

3-2 トラブルを未然に防げる

民泊運営において、トラブルは付きものです。騒音トラブルやゴミの不法投棄など、起こりうるトラブルは沢山あります。そのため、トラブルを防ぐには、ルール作りやトラブルを防ぐノウハウも必要になります。
民泊運営のプロが参加することで、より効果的なハウスルールづくりを手伝ってもらうことができ、トラブルを未然に防ぐことができます。
 

3-3 長期的な運用が見込める

近年、民泊営業を副業として始められる方が多くいます。しかし、手間がかかる作業を全て自分で続けていくのは大変で、本業への影響が出たり、負担が大きくなったりします。運営代行を依頼すればその分負担が減るため、長期的に続けていくことがより簡単になるのです。
 

4.民泊運営代行業者ランキングおすすめ3選

民泊運営代行業者は沢山ありますが、今回は数多ある中から厳選して、おすすめの民泊運営代行業者を3社紹介したいと思います。
 

4-1 Zens(ゼンス)

7年で500物件以上の代行実績のある、代行サービス業者です。無人ホテルや民泊の運営代行を中心にしており、企画から許認可取得の段階も代行してくれます。問い合わせやレビューの対応といった一般的な代行に加えて、周辺施設やその価格などから、宿泊料金の最適化も行ってくれます。
 

4-2 PIPI Hosting

日本全国・タイ・バンコクで民泊事業の代行サービスを行っている業者です。年中無休で24時間対応しているため、急なトラブルにも強いのが魅力。スタンダードプランに加え、現地駆けつけや定期報告などのサービスが追加された、プレミアムプランの2種類から選ぶことができます。
 

 4-3 フェイスフォワード 

代行サービスの中でも、清掃代行業務に力を入れた業者です。正社員の60%以上がホテルメイク経験者であり、丁寧でスピーディーな清掃サービスを提供しています。また、全国47都道府県に対応しているため、場所を問わず相談・依頼が可能です。
 

5.民泊代行業者ではなくフロント業務全て任せられる体制?

いかがでしたか?今回は民泊運営の代行についてお伝えしてきました。
今回は人によるサポートをお伝えしてきましたが、AIを導入してフロント業務を全て行うシステムがあります。それがセルフチェックインシステムです。
セルフチェックインは事前にチェックイン業務を済ますことで、スマートなチェックインを実現します。セルフチェックインが気になる方は下記からご気軽にご連絡ください。