ブログ

2022.05.23

鍵アプリとは?従来のキーとは異なる最新施錠事情をアプリ3選を基に徹底解説!

  • ブログ
鍵アプリとは?従来のキーとは異なる最新施錠事情をアプリ3選を基に徹底解説!

スマートロックとは、従来の鍵とは異なり、スマートフォンなどを用いて施錠を行うタイプのことを指します。近年スマートロックにおいて、アプリが多くリリースされています。アプリが鍵代わりになる便利なスマートロックについて、今回は活用シーンやおすすめアプリなどをお伝えしたいと思います。ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

 

1.アプリが鍵代わりになる!スマートロックとは

スマートロックをご存知の方も多いかと思います。ですが、改めてスマートロックをここでは解説したいと思います。

スマートロックとは、従来使用していた鍵に電気通信機器を取り付け、スマートフォンやICカードを用いたり暗証番号を用いて、自宅やホテルなどの解錠を行えるようにするシステムです。

 

2.スマートロック活用シーン

スマートロックの活用シーンは様々です。ここでは、代表的な活用シーンをご紹介します。

 

2-1 自宅

自宅においてスマートロックを利用する場合、スマートフォンを用いて施錠・解錠できるタイプを用いている方が多いです。アプリタイプのスマートロックの多くが、アプリ上で鍵を共有することができます。そのため、スマホがあれば家族全員で合鍵を共有することができます。

 

2-2 ホテル・民泊

ホテルにおいて利用されるスマートロックは、近年カードキータイプが多くなっています。その理由としては、ホテル運営側の管理が行いやすいことが挙げられます。

 

2-3 レンタルスペース

レンタルスペースにおいて利用されるスマートロックは、ダイヤル式のタイプやスマートフォンを用いたスマートロックを用いることが多いです。その理由としては、カードキータイプとは異なり、キーの紛失防止につながることが挙げられます。また、スマートロックなら複製できないため、セキュリティを高めることができる点でも安心して利用することができます。

 

3.スマートロックを使うメリット

スマートロックのメリットとしては、キーを持たないタイプが主流なので、キーの紛失などを防ぐことが挙げられます。また、後付けタイプのスマートロックなら、通常の鍵との併用もできるため、万が一スマホの充電が切れた場合でも、鍵を持っていれば通常のように解錠を行うことが出来ます。

 

4.スマートロックを使うデメリット

スマートロックのデメリットとしては、スマートフォンアプリを用いて施錠を行うタイプが多いため、自然とスマートフォンが必要不可欠になります。しかし、スマートフォンを持たない子供や高齢層には使うのが不便とされています。

 

5.アプリが簡単に鍵に!スマートロックのおすすめ3選

アプリの対応される、スマートロックを厳選して3つ紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

5-1 Qrio Lock(キュリオスマートロック)

1つ目に紹介するのは「Qrio Lock」です。こちらの商品は他のスマートロックよりも費用はやや高めですが、リモコンキーやテンキーなどオプションで付けられるものが多いのが魅力です。

 

5-2 セサミスマートロック

2つ目に紹介するのは「セサミスマートロック」です。こちらの商品は小型フォルムを生かし、さまざまな種類の鍵に対応できるスマートロックです。また、スマートウォッチやSiri・Alexaなどの音声で解錠できるのも魅力です。

 

5-3 bitlock LITE(ビットキーライト)

3つ目に紹介するのは「 bitlock LITE」です。こちらは、近年主流になりつつある、支払いパターンがサブスク(サブスクリプション)タイプです。なので、賃貸などにも使いやすいとされています。

 

6.スマートロックの導入を検討されている方必見!

いかがでしたか?今回はスマートロックのアプリについて解説しました。従来の鍵のタイプとは異なり、近年はアプリでのキーの解除を行える便利なシステムが多いことがお分かり頂けたかと思います。今回の記事を参考にスマートロックの導入を検討してみて下さい。

 

7.スマートロックと合わせて使いたいセルフチェックインシステム

ホテルや民泊運営において、スマートロックと併せて使うと効果的なのが「セルフチェックインシステム」です。

セルフチェックインシステムとは、その名の通りホテルや民泊、レンタルスペースなどでのチェックイン作業をゲスト自身で完結できるシステムのことです。

例えばホテルでは、ゲストに事前にQRコードが発行され、それをチェックインシステム端末にかざすと端末が本人確認を実施し、自動でチェックインができます。本人確認後に、アプリを使って解錠したり、端末に暗証番号を表示したりして、鍵の受け渡し業務も自動化できるのです。


このように、セルフチェックインシステムを使えば、本人確認から鍵の受け渡しまでを効率的かつ安全に行うことができます。

 

8.セルフチェックインシステムのおすすめサービス

「maneKEY(マネキー)」は、デザインの通り招き猫を象徴しており、利用される方に安心・安全なセルフチェックインシステムです。AIを活用した本人認証によって、非対面でのカウンター業務を可能にします。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって、宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。maneKEYが詳しく気になる方はこちらからお気軽にご連絡ください。

Share

Close Bitnami banner
Bitnami