ブログ

【2022年最新】ホテル向け自動精算機(PMS)おすすめ5選!

ブログ
【2022年最新】ホテル向け自動精算機(PMS)おすすめ5選!

近年、自動精算機を備えるホテルが需要を高めています。その背景には人材不足やコスト面の解消などを担うPMSが関係しています。本記事では、自動精算機をホテルに導入したい方向けにPMSの解説からおすすめサービスまで紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

1. PMSとは

PMSとはホテルや旅館の予約から客室管理、請求までを処理する宿泊施設の基幹システムのことです。また、 Property Management Systemの頭文字を抽出してPMSと呼ばれています。
 

2. おすすめPMSサービス

近年PMSサービスが多く溢れています。ここではPMSサービスを5つ紹介したいと思いますので、導入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。
 

2-1 maneKEY(マネキー)

1つ目に紹介するのは、「maneKEY」です。「maneKEY」は、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。

 

2-2  AirHot(エアホスト)

2つ目に紹介するのは、「AirHot」です。「AirHot」は、予約からチェックアウトまで”オールインワン”で日々の業務を完全自動化し、数多くの宿泊施設で無人・省人化を実現しています。 導入件数は約14,000件以上(2020年2月時点)、ゲストの満足度を高めながらも ”法令を遵守したチェックインプロセス”でスマートホテル運用を目指す宿泊施設に選ばれ続けています。
 

引用:https://remotelock.kke.co.jp/article/airhost-toha/


2-3 RONT(ロント)

3つ目に紹介するのは、「RONT」です。 RONTは各社のPMSと連携を行い、チェックイン・ウォークイン・チェックアウトが完全セルフで行えることが優れていると言われます。
 

2-4Wincal(ウィンカル)

4つ目に紹介するのは、「Wincal」です。「Wincal」は「USEN GROUP」の株式会「ALMEX」が提供するホテルシステムです。ビジネスホテルや宿泊特化型ホテルなど小、中規模ホテルの利用を前提に、シンプルなインターフェースでフロント業務の負担軽減を目指し開発されています!
ホテル側のニーズに幅広く対応できるように、サーバーを設置する「クライアントサーバー型」と、ALMEXデータセンターを利用した「クラウド型」を用意しており、自動精算機のシステムにおいては、国内シェア約75%を誇っており他社PMSへの接続実績も多数あり、ビジネスホテル・宿泊専門のホテルで利用する場合、非常にコミットすると言えます。
 
 

2-5 GLOVIA(グロービア)

5つ目に紹介するのは、「GLOVIA」です。「GLOVIA」は富士通九州システムズ株式会社が提供する、クラウドタイプのホテルシステムです。ホテルや旅館の宿泊部門に必要な宿泊予約や、フロントレセプション、フロント会計の機能から、顧客管理機能、売掛管理機能までが備わっていて幅広い機能が特徴です。
製造業や小売業など、様々な業界への実績があり、対応力の高さも評価されています。
また、ノンカスタマイズ・マルチテナント型の純粋なクラウドサービスのPMS市場においてトップシェアを誇る人気を誇っています。
 
 

3. 自動精算機のデメリット

自動精算機のデメリットとしては、スペースを取られてしまうことや機械の中にお金をプールしなければならない。などデメリットは多く出てきます。しかし、特にデメリットなのは設置コストかと思われます。なので、設置コストを上回ることを可能とする宿への自動精算機をおすすめします。
 

4. 【まとめ】ホテルへ自動精算機を導入したい方必見!

いかがだったでしょうか?
今回は自動精算機をホテルに導入するにあたり、おすすめサービスからデメリットをお伝えしました。もし、この記事を読んで参考になっていただけていれば幸いです。