ブログ

大人気!福岡のおすすめグルメとホテル!

ブログ
国内旅行で大人気! 福岡

海外に行けない今、国内で旅行先を探している方も多いのではないでしょうか?
国内旅行の中でも、九州はとっても人気です。
この先、卒業旅行などで九州に行かれる方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は冬旅行でも大人気の「福岡」について紹介していきます。
グルメとホテルを中心に紹介していくのでお楽しみに!

福岡県って?

福岡県は約500万人、日本第9位の人口で九州の北に位置しています。国内外の交通の結節点となっており、九州及びアジアの玄関口です。
空港は福岡空港と北九州空港の2か所あり、国内外に向けて就航しています。
特に、福岡空港は博多駅から地下鉄で5分という近さであり、九州新幹線をはじめとして鉄道はもちろん、縦横にめぐらされた高速道路網、福岡市や北九州市の都市高速道路など、九州内での移動の拠点となっています。
さらにバス、JR、西鉄、地下鉄、モノレールなど日常の公共交通機関も充実しており、旅行で訪れても交通で困ることはあまりありません。
また、福岡県は、食べ物が大変おいしいことで有名です。4つの海に囲まれ、とれたての新鮮な海の幸を味わうことができ、天然ふぐの漁獲高も全国トップクラスで、内陸には山間部、平野が広がり、農産物等も豊富で、イチゴの「あまおう」やイチジクの「とよみつひめ」などをはじめ、ミカン、カキ、ナシ、ブドウなどさまざまな果樹栽培も盛んです。フルーツ狩りを体験できる農園も多く、旬の味覚を安心して気軽に楽しめます。
有名なところでは、ラーメン、うどん、水炊き、もつ鍋などの福岡ならではの郷土料理も楽しめる「食の宝庫」です。食でいうと屋台も有名で、店舗数では日本一を誇っています。福岡市内の屋台軍は観光名所だけでなく、食べ歩きでも人気です。
参考サイト

福岡のおすすめグルメ!

福岡のグルメは、関東圏でも専門店があるなど、全国各地で人気です。
定番のメニューからB級グルメまでランキング形式で紹介していきます。

福岡県のグルメランキング

順位 グルメ
1 もつ鍋
2 水炊き
3 博多ラーメン
4 明太子
5 ごぼう天うどん
6 鉄なべ
7 とり皮
8 焼きカレー
9 ゴマサバ
10 ちゃんらー

 

第1位  もつ鍋

もつ鍋
福岡の名物と言ったらもつ鍋を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
もつ鍋の発祥は福岡、起源は戦後までさかのぼります。
炭鉱で働いていた方達が厳しい生活の中でも、美味しくてスタミナが付く料理はないかと考えて注目したのが、当時あまり利用価値が見出せず、一般的には捨てられていた「もつ」でした!捨ててしまうもつをアルミ鍋で炊くことを思いつき、スタミナ回復のためニラやニンニクを入れ、醤油で味付けしたことが起源として知られています。
現在は醤油ベースでだしのきいたスープで炊くのが一般的ですが、味噌や塩味など店舗や地域によって味の違いを楽しめるのも人気の一つです。
寒い時期に食べるもつ鍋は別格です!

福岡でもつ鍋を食べるなら!
もつ鍋を楽しめるお店 一覧
やはり博多を代表する名物料理なだけあってたくさんのお店が存在します。
また、評価の高いお店も多いため口コミを見てお店を決めるのも楽しいかもしれません。
是非最高の一鍋を堪能してください。

第2位  水炊き

水炊き
水炊きはもつ鍋と並んで福岡を代表する鍋料理です。白濁した鶏がらスープの旨味たっぷりなスープでぶつ切りの鶏肉と野菜などを煮込むのが特徴です。シンプルがゆえに、鶏がらスープの味が決め手になってきます!
また、水炊きの歴史は100年以上もあり、伝統料理としても有名です。
水炊きのしめは絶対に「雑炊」という声が上がるほど、旨味が凝縮されたスープで作る雑炊は最高です。
鶏ガラのスープに塩を入れて最初に飲むという流儀のお店が多いのですが、しっかり教えてもらえるので心配いりません。

福岡で水炊きを食べるなら!
水炊きを楽しめるお店 一覧
水炊きは伝統料理ということもあり、価格帯が高いお店もちらほら見られます。
また、もつ鍋も一緒に提供しているお店も多いようです。
気分に応じてお店を選んでみてください。

第3位  博多ラーメン

博多ラーメン
福岡といえば博多!博多といえば博多ラーメン!博多ラーメンと言ったら極細麺のとんこつラーメンです!
やはり博多名物ということもあり博多には絶品のラーメンを食べさせてくれるラーメン屋が数多く存在します。
白濁したとんこつスープにシンプルな具材、お好みの硬さの極細麺は福岡に訪れたからには絶対に味わっておきたい一品です。
極細面の理由は、とにかく早くお客さんに提供するためで、速さにこだわる背景には「待てない」という九州男児や博多っ子の特徴が関係しているそうです!
また、福岡には有名な博多ラーメンのほかにも、とんこつベースの長浜ラーメンも存在します。発祥など諸説はたくさんありますが食べ比べてみるのもお勧めです。
実は誰もがイメージする博多ラーメンの特徴である「細麺」「替玉」などは、元々長浜ラーメンから生まれたという説も!

福岡で博多ラーメンを食べるなら!
博多ラーメンを楽しめるお店 一覧
博多ラーメンは本当にたくさんのお店が存在します。
正直、どこがいいかおすすめするのも難しいほどお店の数が多いです。
ランキングや口コミを活用して自分の好みのお店を探してください。

第4位  明太子

明太子
博多といえば明太子でしょ!って方も多いはずです。最近では、明太子を使用してインスタ映えする料理を提供するお店も増えてきています。実際、明太子を加工する工場がいくつもありますし、空港や駅のお土産などでもたくさんの商品が売られています。
しかし、なぜ博多で明太子が有名なのでしょうか?実際、九州では鱈は九州では水揚げされません。
始まりは、第二次世界大戦後、博多に引き揚げてきた日本人が、朝鮮半島から唐辛子を使ったスケトウダラの卵を使った伝統料理を博多に持ち込み、日本人の味覚に合うように作り始めたものがはじまりと言われています。福岡市内を中心にメーカーが増え、1975年の山陽新幹線の博多乗り入れを契機に、全国にその名が知られるようになったと言われており、スケトウダラを朝鮮で「ミョンテ」と言い「明太」と書くことから、その子(卵)を「明太子」と名付けられたそうです。
たくさんの明太子を使った料理を楽しんでください。お土産にも最適です。

福岡で明太子を食べるなら!
明太子を楽しめるお店 一覧
明太子も外せない一品です。
明太子はお寿司屋さんでも提供しています。ちょっといいご飯を食べる際などいかがでしょうか!

第5位  ごぼう天うどん

ごぼう天うどん
福岡の方以外はごぼう天うどんと聞くと練り物を想像する方もいるかもしれませんが、福岡のごぼう天は笹がき状にカットしたゴボウを揚げたりかきあ揚げにしたもののことです!
福岡は全国的に見てもゴボウの世帯消費量が多い都道府県となっています。
理由としてはシンプルにがめ煮やごぼう天うどんなど、ごぼうを食べる機会が多いからだと考えられています。
ごぼう天の発祥は明治から戦前まで福岡・天神に店を構えた「おとちゃんうどん」が発祥とされています。「おとうちゃんうどん」は現在閉店してしまっています。
そこで出ていた、煮付けた厚切りごぼうを揚げた具が評判を呼んで博多に広まったらしいとのこと!
なぜ、ごぼう天は博多で受け入れられ定番となったのかは諸説あるようですが、博多っ子は待つのが苦手な気質から麺にこだわらず、すぐに提供できる具材に力が入れられたからという説も!
何がどうあれ、うどんとごぼう天の相性は最高です!

福岡でごぼう天うどんを食べるなら!
ごぼう天うどんを楽しめるお店 一覧
都内ではなかなかお目にかかれないごぼう天ですが、福岡ではうどん屋さんや居酒屋さんにも置いてあるポピュラーなメニューのようです。
うどんでお店を決めて天ぷらを頼んでみてもいいかもしれません。

第6位  鉄なべ

鉄なべ
皆さんは「鉄なべ」を知っていますか?
名前だけ聞くともつ鍋や水炊きのように鍋の一種かと思いますが、熱々の鉄板で提供される一口餃子の事です!
特徴としては、一口で食べられるサイズです!一口サイズになった由来は満州から伝わった餃子が大きすぎて食べずらかったからとのこと!
熱々の鉄なべで提供することにより、長い時間熱々カリカリで食べることができます。
お酒との相性は抜群です!居酒屋で見かけた際には是非頼んでみてください!

福岡で鉄なべを食べるなら!
鉄なべを楽しめるお店 一覧
鉄なべも都内に専門店があるほど有名です!そのためか、お店もたくさんあります!
また、もつ鍋や水炊きの専門店に比べて評価が高いように感じます。
まとめているサイトもあるので参考にしてみてください。

第7位  とり皮

とり皮
第7位は「とりかわ」です!最近では都内でもとり皮をメインの料理として提供している居酒屋さんも数多く存在します。
福岡のとり皮は皆さんが思い浮かべる、焼き鳥のとり皮とは見た目も味も異なります。
福岡のとり皮は、首の皮を使っており串にぐるぐると巻き付けていきます!お店によっては手作業で巻き付けているところもあり仕込みにもかなりの時間がかかります。
味付けは、甘辛いタレ味が主流でタレに付けては焼き、付けては焼きを繰り返していきます。
ゆっくりと時間をかけて何度も焼くことで外はカリッと、中はジューシーなとり皮になります!
地元民にも人気でお店によっては並ばないと入れないところもあるので注意してくだい!

福岡でとり皮を食べるなら!
とり皮を楽しめるお店 一覧
間違いなくお酒に合うとり皮!
今夜のお店探しに活用してください!

第8位  焼きカレー

焼きカレー
福岡は「焼きカレー」も有名です!
発祥としては、昭和30年代の福岡県北九州市の門司港の繁華街、栄町銀天街にあった喫茶店で余ったカレーをグラタン・ドリア風にオーブンで焼いたところ、好評だったのがきっかけとされています。また、家庭でも作るのが簡単だったため家庭に広まっていきました!
門司港では、焼きカレーマップが作成されるほど人気です。店舗によって形状や味、見た目も全く異なるので食べ比べてみても面白そうです。
基本的に焼きカレーはチーズをのせオーブンで焼いてつくります。家でカレーが余ってしまった時などのアレンジにもおすすめです。

福岡で焼きカレーを食べるなら!
焼きカレーを楽しめるお店 一覧
ビストロなど洋食店はもちろん、和食屋さんにも置いてあることもあるようです!
お昼として探すときは是非焼きカレーマップを参考に!

第9位  ゴマサバ

ゴマサバ
第9位は「ゴマサバ」です。
今まで、味が濃いものや脂っこいものを紹介してきましたが、福岡は魚も有名です。そのため冬になると新鮮なサバが市場に出回ります。
ゴマサバはサバの種類ではなく、マサバの刺身を甘い醤油に付け、ゴマやネギなどの薬味をのせて食べる料理です。居酒屋などでは大人気料理です。
都内ではサバを生で食べる文化がないため、新鮮なサバが食べられる福岡ならではの料理かもしてません。
発祥は、福岡の漁港近くで食べられていた甘い醤油に漬けられ食べられていたサバが、自然と飲食店でもメニューとして広がっていったとされています。

福岡でゴマサバを食べるなら!
ゴマサバを楽しめるお店 一覧
ゴマサバはおつまみなどの一品料理なので居酒屋さんにもおいてあります。
九州は日本酒も有名なので、一緒に楽しんでください!

第10位  ちゃんらー

ちゃんらー
「ちゃんらー」は福岡県発祥の麺の郷土料理です。
「ちゃんらー」は、戦後の食糧難から生まれました。うどんだしのスープにちゃんぽん麺を入れ、モヤシやネギなどをトッピングしたもので、安くてボリュームがある料理として考案された庶民の味です。
長崎から引っ越してきて店の常連になった女子中学生が「長崎ちゃんぽんを食べたいが、小遣いが足りない」と悩んでいたところから、うどんの和風出汁にちゃんぽん麺を入れることを発案したことからだとされています。
価格を抑えるためにもやしや野菜がかさましとして入れられていなすが、それがまたいいアクセントになっています。
実は、お笑いタレント芋洗坂係長の実家であり母・小浦清美が営んでいた「清美食堂」で産まれた料理のようです。
ラーメンやもつ鍋で弱った胃腸にはちょうどいい一品です。一度食べると、なぜかまた食べたくなってしまう味です。

福岡でちゃんらーを食べるなら!
ちゃんらーを楽しめるお店 一覧
うどんのだしにちゃんぽんの麺をいれた郷土料理のちゃんらー!
どんな味なのか気になります!福岡に訪れたからには一度は食べてみたいです!

福岡でおすすめのホテル!

おいしいものがたくさんある福岡を存分に楽しむには泊まるところも重要です!
おいしいごはんといいホテルがそろうだけでその旅行は必ず楽しいものとなります!
是非、宿選びの参考にしてください!

全室オーシャンビューで最高の眺めを!「ヒルトン福岡シーホーク」


ヒルトン福岡シーホークは、「都市景観100選」に選定された高級ホテルです。
海岸沿いに建設されており、お部屋からはきれいな海を一望できます。
総客室数は1,053室の大型ホテルで、どのお部屋からも博多湾を眺めることができます。特に人気No.1の「パノラミックスイート」は、博多湾の海に沈む夕日が望める絶好のロケーションが自慢のお部屋です!
一部客室に配された大人気の「先端ジャグジー」は博多湾を320度のパノラマビューで堪能できます!美しい景色をただぼーっと眺める至福の時間を過ごしましょう。
ホテル内には、バー&ダイニング、鉄板焼き、中国料理など5つの飲食施設があり、お食事も十分に楽しめます!
文句なしの高級ホテルです!

博多駅直結のラグジュアリーホテル!「都ホテル 博多」


都ホテル 博多は博多駅直結で抜群のロケーションを誇るホテルです。
なんといっても外観が特徴的で、全面鏡張りで一部に植物が組み込まれています。
全面ガラス張りなので、フロントにも優しい光が差し込みます。
客室も全面窓になっており、お部屋が広く感じますし福岡の夜景を楽しむことができます。
全室すべてが30㎡以上あるため、ゆとりある心地よい快適な滞在を楽しめます。
最上階に天然温泉のスパやプールも設備されています!

福岡の真ん中で露天風呂が楽しめる!「CANDEO HOTELS福岡天神」


「CANDEO HOTELS 福岡天神」は西鉄大牟田線天神駅から徒歩約4分のジャパニーズモダンホテルをコンセプト造られたホテルです。
館内はもちろん客室もシックな和モダンのインテリアでまとめられ、ゆっくり過ごせそうな雰囲気が漂います。
お勧めのお部屋は、大きな窓ガラス越しに夜景をたのしめるコーナービューツインがおすすめです!大切な人と過ごす夜には最適なお部屋です!
最上階の10Fにある「スカイスパ」には、解放感あふれる大浴場と露天風呂があります。さらに女湯には熱した石にアロマ液をかけて水蒸気を発生させる「ロウリュウサウナ」もあり、身も心もリラックスできます。天気の良い日には、露天風呂から星空や飛行機が見えることもあるそうです!
朝食付きの宿泊プランを利用すると、ホテルで焼き上げるフランス産AOPバターを使ったクロワッサンやパンオショコラや挽きたてのコーヒーなどが味わえます。和食、ベジタリアンメニューもありますので、自分好みの朝ごはんを楽しんでください!

まとめ

福岡の魅力は多少なりとも伝わったでしょうか?
福岡はたくさんのグルメと素晴らしいホテルがたくさん存在します!
また、福島は栄えているため移動手段に困ることも少ないと思います。
素晴らしいホテルやお店を決め、最高の福岡旅行にしてください!
最後までお読みいただきありがとうございます!