ブログ

ホテルの運営形態は4種類?所有直営式について徹底解説!

ブログ

ホテルを運営するにあたって、運営形態について理解することが大切です。運営形態ごとにメリット・デメリットがあります。この記事では、運営形態の1つである所有直営方式について、特徴やメリット・デメリット、成功させるためのポイントを解説します。

 

1.ホテルの運営形態

ホテル運営と聞くと、ホテルオーナーが運営を行うシンプルなイメージを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、実際のホテル運営では「所有直営型、運営委託型、リース、フランチャイズ」の4つの方式が主に用いられています。

 

今回、本記事では所有直営方式に特化して、その特徴やメリット・デメリットなどをお伝えします。その他の3つについても知りたい方は、下記でホテルの運営形態の全般について触れていますので、ぜひチェックしてみてください。

ホテルを運営するなら知っておきたいホテルの4つの運営形態を解説!

 

2.所有直営方式のメリット・デメリット

ホテルの運営形態を選択するにあたって、それぞれのメリット・デメリットを理解しましょう。所有直営式の代表的なメリット・デメリットは以下のとおりです。

 

2-1 メリット

所有経営方式のメリットは、融資の際に有利になりやすい点と、柔軟かつ自由度の高い経営が可能な点です。

所有経営方式では、経営者が不動産も所有しているため、金融機関から融資を受ける際に有利になりやすいです。また、自らが所有している建物で経営・運営を行うため、利害が対立する関係者がおらず、柔軟かつ自由に経営できます。

 

2-2 デメリット

所有経営方式のデメリットは、資金力が必要な点と、失敗した際のリスクが大きい点です。不動産を購入・所有し続ける必要があるため、運営にあたって豊富な資金が必要になります。また、コストがかかっている分、失敗した際のリスクが大きいのもデメリットです。

 

3.所有直営方式でホテル運営を成功させるポイント

所有直営方式で成功するためには、メリットを最大限に活かすことが鍵になってきます。前述でもお伝えした通り、所有直営方式では経営者が不動産も所有しているケースが多くあります。そこでメリットを活かしホテル事業内でおける新規事業として宿泊客のニーズを汲み取り、イベントスペースの増設や新たな設置などが行いやすくなります。

しかし不動産を所有するということは、それだけ初期費用と維持費がかかるということです。始めるまでに多くの資金が必要になり、さらに毎月かなりの固定費が発生します。

そのため利益を上げるためには、削減できる経費を積極的に削減する必要があります。そこで人件費を例に挙げ、人件費を削減するために、自動化できるところはシステムを利用して自動化を行うのがいいでしょう。そこでセルフチェックインシステムなどを導入するのも1つの手ではあると思います。

 

4.まとめ

いかがでしたか?今回は所有直営方式のホテルについてお伝えしてきました。また前述でもお伝えした通り、ホテルの運営形態について全般を詳しく知りたい方は、下記の記事で運営形態について解説しておりますので、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

また近年、どのホテル形態でも導入をすることでホテル業務のDX化を可能にするとされている、セルフチェックインシステムについても紹介したいと思います。

セルフチェックインとは、従来のチェックインシステムとは異なり事前にチェックインシステム作業をオンラインで済ますことができるシステムのことを指します。そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことでスムーズなチェックインをすることができます。
セルフチェックインシステムについて、お悩みや相談などがありましたら、お気軽に下記からお問い合わせください。