ブログ

ホテルの予約管理システムとは?導入メリットや選び方をご紹介!

ブログ
ホテルの予約管理システムとは?導入メリットや選び方をご紹介!

ホテル運営のポイントの1つは、適切な予約管理です。複数の予約サイトに登録すると稼働率が上がりますが、予約管理も大変になります。そんな予約情報管理を一元できるのが、サイトコントローラーとも呼ばれる「予約管理システム」です。今回は、ホテルの予約システムについて、導入メリットやサービス比較など徹底解説いたします。ぜひ参考にしてみてください!

 

1.ホテルの予約管理システムとは

ホテルの稼働率を上げるためには、複数の予約サイト(OTA)に登録することが重要です。多くの予約サイトに登録すれば、予約窓口が増えるため、より多くの予約数獲得につながる可能性があります。
 
しかし、複数の予約サイトを利用する場合は、予約を一元管理できるシステムが必要不可欠です。適切に管理できないとダブルブッキングやサイトによって掲載している情報が違うなどのトラブルにつながります。
 
予約管理システム、通称サイトコントローラーがあれば、予約を一元管理できますサイトコントローラーを使えば、予約状況に応じてOTA上の空室情報を一括で変更でき、予約情報を一元管理できます。
 
また、料金ランクの設定も可能です。祝日や休日・繁忙期は高く、平日や閑散期は安くなど、料金ランクを設定し、一括で反映することができます。さらに、予約実績をデータ化することもでき、マーケティングに活かすことも可能です。
 
このように、ホテルの予約を一元管理し、データの集計や分析を効率的に行えるのがサイトコントローラーです。
 

2.サイトコントローラー導入のメリット

サイトコントローラーを導入する具体的なメリットについて、ここでは4つご紹介します。
 

2-1.ダブルブッキングを防げる

サイトコントローラーを使えば、予約状況を随時各OTAに一括で反映してくれます。ダブルブッキングを防ぐことで、利用者の信頼・満足度アップにつながります。
 

2-2.料金情報の一括反映ができる

ホテルや民泊の稼働率を上げるためには、繁忙期や閑散期に対応した料金設定も大切です。繁忙期は高めに、閑散期は低めに価格を設定することで、利用者数の確保と売上アップを望めます。サイトコントローラーを使えば、料金設定も簡単に行え、情報を各OTA上で一括反映できます。
 

2-3.複数のOTAに登録しても面倒な情報管理が不要

複数のOTAに登録すればするほど、予約の窓口が増え予約数アップにつながりますが、その分予約の情報管理は煩雑になります。サイトコントローラーを使えば、予約情報管理を一括して行ってくれるため、その分の工数を別の業務に割くことができ、業務の効率化が見込めます。
 

2-4.予約データをマーケティングに活用できる

サイトコントローラーの中には、予約情報の管理だけでなく、予約情報を収集してデータとして使える形にしてくれるものもあります。どのOTAからの予約が多いか、部屋のタイプやプラン別の予約数などを可視化することで、OTAの選別やプランの見直しに役立てることができるのです。
 
このように、サイトコントローラーを使えば、予約情報をマーケティングやPR戦略などに活用でき、稼働率アップにつながるのです。
 

3.ホテル予約管理システムの選び方

ホテル予約管理システムと言ってもさまざまな種類があります。選び方のポイントを押さえて適切なものを選びましょう。
 

3-1.使用しているOTAとの連携ができるか

予約管理システムの中には、連携できるOTAが決まっているものもあります。そのため、導入前には使っているOTAが対応しているかを確認しましょう。また、中には他の予約管理システムと連携することでさらに便利になることもあります。
 
たとえば、予約情報を管理できるシステムを使っている場合、データの集計や分析ができるものを新たに導入し、連携することでより一層宿泊部門の業務を効率化できるのです。
 

3-2.施設の規模とシステムがあっているか

予約管理システムの中には、大規模な宿泊施設向けに作られているものもあります。施設の規模に合わないものを使うと、オーバースペックで使いこなせなかったり、利用にあたり高い価格を払う必要があったりします。そのため、使いたいシステムが施設の規模にあっているかは重要なポイントです。客室数に応じてプランが用意されているものを選べば、適切な価格とスペックのものを利用できます。
 

4.セルフチェックインシステムとの併用がおすすめ

予約を効率化できるサイトコントローラーと併用することで、さらにホテル業務を効率化できるのが「セルフチェックインシステム」です。
 
セルフチェックインシステムとは、その名の通りホテルや民泊、レンタルスペースなどでのチェックイン作業をゲスト自身で完結できるシステムのことです。例えばホテルでは、ゲストに事前にQRコードが発行され、それをチェックインシステム端末にかざすと端末が本人確認を実施し、自動でチェックインができます。本人確認後に、アプリを使って解錠したり、端末に暗証番号を表示したりして、鍵の受け渡し業務も自動化できるのです。
 
サイトコントローラーで予約管理業務を効率化し、セルフチェックインシステムでフロント業務を無人化・効率化することで、ホテル・民泊運営がより便利に最適化されます。

5.セルフチェックインシステムのおすすめサービス

「maneKEY(マネキー)」は、デザインの通り招き猫を象徴しており、利用される方に安心・安全なセルフチェックインシステムです。AIを活用した本人認証によって、非対面でのカウンター業務を可能にします。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって、宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。maneKEYが詳しく気になる方はこちらからお気軽にご連絡ください。

 

6.セルフチェックインシステム導入を考えている方はこちらから

いかがでしたか?今回は、ホテルの予約を一括管理できる便利なサイトコントローラーについて、導入メリットと選び方をご紹介しました。また、サイトコントローラーと併用することでホテル業務をより効率化できるのが、セルフチェックインシステムです。セルフチェックインシステムの導入を検討されている方は、こちらからお気軽にご連絡ください!