ブログ

ホテル経営は今がチャンス?ホテル経営について徹底解説!

ブログ

近年、コロナウイルスの蔓延に伴いホテル経営が難しくなっています。しかし、コロナ終息後であればインバウンドを筆頭に観光客の増加が予想されています。そこで、今後ホテル経営を検討されている方向けに収益事業から近年流行のシステムまで徹底解説したいと思います。ぜひ最後まで読んでみてください。

 

1.ホテル経営形態

ホテル経営のイメージについて、ホテルオーナーがいてホテルを経営している、といったざっくりとしたイメージを持たれている方が多いかと思います。しかし、ホテル経営を深堀りすると「所有直営・運営委任・リース・フランチャイズ」これらの4パターンに大きくわけられるのです。そこで、4パターンについて1つずつお伝えしたいと思います。

1-1 所有直営

所有直営とは、ホテルの運営母体の会社が土地と建物(ホテル)を所有する運営方式で、ホテル経営の基本的な形です。運営側が不動産の所有者なので、融資の際の金融機関からの評価や社会的信用が高いのも特徴です。

資金的に体力のある大企業が母体になることが多いですが中にはペンションや民宿なども個人所有で運営しているケースもあります。トレンドや顧客ニーズに合わせて、独自で増改築などができ、機動力を持った戦略が立てられます。

 

1-2 運営委託

運営委託とは建物と土地を所有する法人がホテル運営を代理企業に委託する運営方式です。。委託を受けた企業は、支配人などの管理職社員を派遣し、マネジメントを主に行います。

実際に運営委託に取り組んでいるホテルとしては「星野リゾート」「ホテルJALシティ」などがあり、国内トップホテルでも取り入れられているのが特徴です。

1-3 リース

リースとはオーナーが土地と建物を貸し出し、運営会社が建物と土地を用いてホテル経営を行う運営方式です。運営側は、オーナー側に利益の一部を支払うケースが一般的です。

リースの代表的なメリットとしては、建物と土地を一から用意する必要がないため、開業資金が少なく始められることが挙げられます。国内で人気を誇るホテルの「東横イン」は、リースを取り入れています。

1-4 フランチャイズ

フランチャイズとは、知識やブランド力などを持つ運営会社側が、ホストオーナーへノウハウや経験値の提供をし、ホストオーナーが中心となってホテル経営を行う形式です。ホストオーナーは、その対価として運営会社へ利益の一部を支払います。

フランチャイズのメリットとしては運営会社の持つブランド名や経験知識を活かすことで、0から始めるより収益に早く繋がりやすいことや、安定した収益が見込まれることが挙げられます。

2.ホテルの収益構造

ホテルの収益構造は、「宿泊・料飲・宴会」の主に3つに分かれます。各部門の主な売上構成は、一般的には3:3:3と言われています。ここでは、ホテルの収益構造である3つを解説します。

 

2-1 宿泊

宿泊は、ホテルの代表的なサービスであり、一般的にイメージされやすいものです。代表的なイメージのあるサービスです。
宿泊では、お客様へホテルへの宿泊を満喫してもらい、宿泊にかかった料金をサービス料として支払ってもらいます。
  

2-2 料飲

料飲は、ホテル内に設置されるレストランの飲食代金を売上計上したものです。宿泊客が滞在中に支払う飲食代金はもちろん、宿泊客以外も利用できるレストラン・バーなどを設置することで安定した売上に繋がります。
 

2-3 イベント

前述でお伝えした宿泊や飲食の領域では、コツコツ売上を積み上げていくケースが代表的です。一方、一度で大きな大きな売上が上がるのがイベントと言われています。イベントでは大人数がホテルを利用してくれるため、まとまった売上が期待できるのです。ホテルに会議室や宴会場を設け、イベントに利用してもらいます。ホテルの売上の半分がイベントや宴会といったホテルも多いです。

 

3.ホテルの経営を始めるうえで必要な準備

ホテルを開業するうえで、必要な準備事項があります。今回はホテル経営を行ううえで最低限必要とされる項目についてお伝えします。

3-1 営業の許可

ホテル経営を始めるにあたり、必須で旅館業の営業許可を取得しなければなりません。またレストランの開業も同時に行う場合であれば、飲食店営業許可や公衆浴場などの申請手続きも、開業申請とともに必要になります。

 

3-2 開業資金

ホテルの開業には資金が必要です。自己資金から賄えない場合は、外部から資金調達する必要があります。資金調達の際は、金融機関からの融資が一般的です。

ホテル開業資金は、開業するホテルの経営形態や事業内容によって変動があります。一概に〇〇円と決まっているわけではありませんが、目安としては数億から10億円程が必要になると言われています。

 

3-3 事業計画

ホテル事業を開業するうえでどのような事業を行うか計画を立てる必要があります。どのようなサービスを提供するか、競合との差別化はどうするか、価格帯はどのくらいにするかなどを明らかにし、利益予測や資金繰りといった財務面の見通しも立てます。

事業計画は、金融機関から融資を受ける際に必要になる場合が多いです。また、経営判断を下す際や事業開始後の進捗管理にも活用できるため、必ず作成しましょう。

 

4.ホテル経営のリスク

ホテル経営はほかのビジネスよりリスクが大きいと言われています。ダメージを受けたときのリスクが大いに高いためです。そこで、ホテル経営における代表的なリスクを2つご紹介したいと思います。

1つ目は、ランニングコストが高い点です。ホテルは少なくとも開業に数千万円かかると言われており、固定費が高額であるため失敗してしまった際のリスクが高いのです。

2つ目は、客足変動です。ホテル宿泊客の多くは観光を楽しみに訪れる方が多くいるため、コロナウイルスのような外出を控えざるえない状況では、客足変動が激しいともされています。

 

5.ホテル経営の成功に近づくためのヒント

ホテル経営を成功に導くためには、さまざまな手法があります。そこで近年事業を行ううえで欠かすことのできないポイントを2つお伝えします。

1つ目は、ターゲットを明確にすることです。ターゲットを定めずに広報活動を続けていても集客を行うことができなくなり、売上に直結しないという事態に陥ります。最終的には経営困難になってしまうため、ターゲットを明確にすることが非常に重要です。

2つ目は、集客活動を行うことです。ターゲットを明確にしたうえで、認知度を高めることやブランディングを行うことで安定した売上を出すことが出来ます。広報活動においては、SNSを筆頭に広告を打つことなどが近年の主流となっています。

 

6.ホテル経営の今後

コロナ禍によって経営困難に陥っているホテルも少なくないのが現状ではあります。しかし近日ではコロナの終息の兆しも伺えます。そしてコロナ終息後であればインバウンドやIRなどの重要増加が見込めるため、今後のビジネスにおいては需要が高いと考えられます。そのため、ホテル経営の準備を進めるなら今がチャンスと言えるのです。

 

7.ホテル経営の成功にするためのポイント

いかがでしたか?今回はホテルの経営について徹底解説してきました。そこで最後にホテル経営を成功に導くポイントとして、ご紹介させていただくのが「セルフチェックイン システム」です。

セルフチェックインとは、従来のチェックインシステムとは異なり事前にチェックインシステム作業をオンラインで済ますことができるシステムのことを指します。そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことでスムーズなチェックインをすることができます。

近年ではホテルなどの宿泊施設ではセルフチェックインが導入されている施設も多くなりました。導入すれば、チェックイン業務を効率化・スムーズ化でき、他の民泊施設を差別化を図ることができます。ぜひこの記事を参考に、導入を検討してください。

また、セルフチェックインシステムについて、お悩みや相談などがありましたら、お気軽に下記からお問い合わせください。