ブログ

ホテルのフランチャイズ方式とは?メリット・デメリットを解説!

ブログ

ホテルを運営するにあたって、運営形態について理解することが大切です。運営形態ごとにメリット・デメリットがあります。この記事では、運営形態の1つであるフランチャイズ方式について、特徴やメリット・デメリット、成功させるためのポイントを解説します。

1.フランチャイズ方式とは


フランチャイズ方式とは、ホテルのチェーン本部が持つノウハウやブランド力などを活用してホテル運営を行う、チェーン経営方式のことです。本部に加盟するとフランチャイジーとなります。フランチャイジーになることで、本部のロゴやホテル名、マニュアルやスタッフの教育制度など、運営するうえで必要なあらゆるリソースを使用できます。フランチャイジーは、その対価として本部にロイヤリティを支払うのです。

例えば、「ホテルA」というホテルを運営する会社に加盟店登録すると、「ホテルA」というブランド名やロゴ、「ホテルA」で実際に使われている運営マニュアルやスタッフの教育マニュアルなど、さまざまなリソースを利用できます。本部のバックアップをもとに、自身でゼロから準備しなくても、「ホテルA」の経営をスタートできるのです。

2.フランチャイズ方式のメリット

フランチャイズ方式のメリットは、本部のブランド力やノウハウを活用できるため初心者でもホテル経営に挑戦しやすい点です。ゼロからホテルを開業し、運営するとなるとかなりの時間が苦労がかかります。一方、フランチャイズ方式なら、必要なものはほとんど揃った状態で始められ、本部の強力なサポート体制のもと、安心して運営できます。

また、ゼロからホテルを開業すると、ブランド力がない状態から始める必要があるため、宣伝に力を入れないと集客できません。一方、フランチャイズ方式なら、すでに知名度があるため集客もしやすいです。

3.フランチャイズ方式のデメリット

フランチャイズ方式のデメリットは、ロイヤリティを支払う必要がある点と、運営の自由度が低い点です。
フランチャイズ方式では、本部にロイヤリティを支払う必要があります。ロイヤリティの支払いには複数の方式がありますが、代表的なのは毎月一定額を支払う月額方式と、売上のうち一定割合を支払う方式です。

前者の場合、たとえ売上がゼロの月でも、決まった額のロイヤリティを支払う必要があります。そのため、経営がうまくいかなかった場合、ロイヤリティが資金繰りを圧迫する可能性が高いです。

後者の場合、売上を上げれば上げるほど支払う額も増えます。そのため、想定よりも手元に残らない可能性があるのです。

また、運営の自由度が低い点もデメリットです。本部のブランド名やロゴ、マニュアルを使用して運営するため、本部のやり方を遵守する必要があります。そのため、ゼロから自分でホテルを作りたい、という方には向いていません。

4.運営の効率化にはセルフチェックインシステムの導入がおすすめ


今回は、ホテルの運営形態の1つであるフランチャイズ方式について、概要とメリット・デメリットを解説しました。フランチャイズ方式は、初心者におすすめの経営方式ですが、自由度が低いため、自分でゼロからホテルを開業したいという方には別の方式がおすすめです。

ホテル運営を効率化して利益を上げるためには、セルフチェックインシステムを導入することがおすすめです。セルフチェックインシステムとは、ホテルや民泊、レンタルスペースなどでのチェックイン作業をゲスト自身で完結できるシステムのことです。例えばホテルでは、ゲストに事前にQRコードが発行され、それをチェックインシステム端末にかざすと端末が本人確認を実施し、自動でチェックインができます。本人確認後に、アプリを使って解錠したり、端末に暗証番号を表示したりして、鍵の受け渡し業務も自動化できるのです。

セルフチェックインシステムについて興味がある方は、以下からお気軽にお問い合わせください。