ブログ

【ホテル運営者必見】マーケティングのフレームワーク12選!Part1

ブログ

ホテル経営を成功させるために欠かせないのがマーケティングです。マーケティング戦略を立てて実行するうえでは、フレームワークの活用が有効です。この記事では、マーケティングに使える代表的なフレームワークをご紹介します。ホテル経営を成功させたい担当者は、ぜひご覧ください。

1.マーケティングでフレームワークを使う重要性

そもそもマーケティングのフレームワークとは、マーケティングを行ううえで課題を明確化・解決したり、意思決定を行ったりするための枠組みのことです。

マーケティングにおいてフレームワークを使うことで、論理的に思考・意思決定することができます。マーケティングを行ううえでは、さまざまな課題に直面する場合が多いです。その際にバラバラの方法で解決しようとしても、膨大な時間やコストがかかったり、再現性がないため次回に活かせなかったりします。

フレームワークという共通の枠組みを用いることで、意思決定を効率化できます。また、フレームワークは共通言語として機能するため、社内での話し合いもスムーズに進みやすいです。

ただし、フレームワークはあくまでも思考を助ける枠組みであり、フレームワークを使うことを目的としてはいけません。フレームワークが手段であることを忘れず、フレームワークを活用してさまざまなアクションを起こしていくことが求められます。

2.代表的なマーケティングフレームワーク12選!

マーケティングでよく用いられる代表的なフレームワークは以下のとおりです。

  • 3C分析
  • 4P分析
  • 4C分析
  • SWOT分析
  • PEST分析
  • STP分析
  • 5フォース分析
  • PDCA
  • ECRS
  • OODA
  • AIDMA
  • AISAS

ここでは、前半の6つについて紹介します。なお、後半の6つについては以下の記事で解説しています。併せてご覧ください。

【ホテル運営者必見】マーケティングのフレームワーク12選!Part2

2-1.自社の立ち位置を理解する「3C分析」

3C分析とは、Customer(市場、顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の3つのポイントを分析し、競争環境における自社の立ち位置を明確化し、戦略を決めるために用いるフレームワークです。自社だけでなく、市場全体や競合の動向について分析することで、確実に勝ち残れる戦略について検討しやすくなります。

2-2.自社視点でサービスを分析する「4P分析」

4P分析は、Product(製品・サービス)、Price(価格)、Place(販促場所)、Promotion(販促方法)について検討することで、新しいサービスや施策などを考えたりするためのフレームワークです。

2-3.顧客視点でサービスを分析する「4C分析」

4C分析とは、Customer Value(顧客価値)、Cost(顧客コスト)、Convenience(利便性)、Communication(コミュニケーション)について検討することで、自社が提供するサービスについて検討するためのフレームワークのことです。

4P分析と同様にサービスを分析するために用いられますが、4P分析がサービスを提供するホテル側から考えるフレームワークであるのに対し、4C分析は顧客視点で考えるものである、という違いがあります。

2-4.自社の強みや弱みを理解する「SWOT分析」

SWOT分析とは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)について検討することで、業界内における自社の立ち位置を明らかにするために用いるフレームワークです。

自社分析だけでなく、競合の動向や市場環境などについても検討するため、自社の正確な立ち位置が明らかになり、それをもとにプロモーションやサービス強化などを行えます。

2-5.業界外の動向を知る「PEST分析」

PEST分析とは、Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つについて検討し、業界外の環境について分析するためのフレームワークです。

新規事業に挑戦する際に役立ちます。絶え間なく変化していく市場環境において存続するためには、ニーズのあるホットな分野で新規事業を立ち上げ、チャンスを掴むことが大切です。その際に、トレンドやリスクを把握するために活用できます。

2-6.自社の戦略を検討する「STP分析」

STP分析とは、Segmentation(市場の細分化)、Targeting(ターゲットとなる市場の選定)、Positioning(自社の立ち位置の決定)をもとに、自社の戦略を検討していくためのフレームワークです。

特に競合が多い業界で、どのようなサービスを誰に提供して生き残っていくかを考えるのに役立ちます。業界内でどのような戦略が有効かを明らかにできるため、既存サービスの改善や、新規事業の検討に役立ちます。

3.ホテル経営を成功させるにはセルフチェックインシステムの導入がおすすめ!

今回は、マーケティングに使える12個のフレームワークのうち、サービスや戦略を考える際に使える6個のフレームワークについて解説しました。マーケティングにはさまざまなフレームワークがありますが、フレームワークを使うことをゴールとせず、あくまでも手段として活用することが大切です。

また、ホテル経営を成功させたい場合は、マーケティングだけでなく、運営の効率化を図ることも重要です。そのためには、セルフチェックインシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。セルフチェックインシステムとは、その名の通りホテルや旅館などでのチェックイン作業をゲスト自身で完結できるシステムのことです。ゲストに事前にQRコードが発行され、それをチェックインシステム端末にかざすと端末が自動で本人確認を実施し、チェックインが完了します。スマートロックと連携すれば、鍵の受け渡しまでを自動化できます。従来のフロント業務を効率化するシステムとして注目されており、ホテル運営において導入メリットが大きいシステムです。

詳しくは、ぜひ以下からお気軽にお問い合わせください。