ブログ

ホテルの人材不足を解消!人材確保と業務効率化のための施策とは

ブログ

コロナ禍以前から宿泊業界(旅館・ホテルなど)の人材不足が続いています。宿泊業界の人手不足に関しては、頭をかかえてしまうオーナーの方も多いでしょう。そこで、本記事ではホテル業界の人材不足問題の実態と、アフターコロナを見据えた人材不足解消の施策についてお伝えしたいと思います。

1.ホテル人材不足の実態・現状

冒頭でお伝えした通り、ホテル業界において人材不足は続いております。ホテル業界の実態として、正社員の人手不足が約49%非正社員では27.3%が人手不足というデータも出ています。

出典:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2022年4月)の調査」


1-1ホテル人材不足の原因

現在の日系ホテルでは、外資系ホテルの参入や老舗ホテルの倒産などが相次ぐ事態となっています。しかし、ホテル業界において人材が過剰となっていることはなく、むしろ人材不足に陥っている状態です。そして人材不足の原因となる要因は大きくわけて3つあります。

1つ目は労働環境です。ホテルは基本的には24時間体制が求められています。そのため、従業員の身体への過労が必然とかかってきます。また人材不足の影響もあり定休が取りづらいことや残業が多いとされていることから、労働環境が問題視されているのです。

2つ目は高い離職率です。厚生労働省が発表している「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、令和2年の宿泊業・飲食サービス業の離職率は26.9%となっており、離職率が高くなっていることがわかります。

出典:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況」

3つ目はホテルの増加です。東京オリンピック開催に向け、インバウンド需要を見越してホテルが多く設けられました。ただでさえ人員不足が相次ぐなか、ホテルの数が増えたことで、人材を確保することができずに至ってしまうケースが増えてしまったのです。

 

2.ホテル人材不足解消のポイント

前述でお伝えした通り、ホテル業界の人材不足は続いています。ここからは、人材不足を解消するためのポイントを3つにわけてお伝えします。。ぜひチェックしてみてください。

 

2-1 応募者者を増やすため待遇を見直す

1つ目は、応募者を増やすために待遇を見直すことです。ホテル業界においては、求人を掲載した場合、急激な応募は見込めないケースが多いでしょう。そこで、福利厚生を含めた待遇面を見直すことが大切です。競合他社と比較して待遇が悪ければ、求職者は自社を選んでくれません。ただし、継続できないような内容にしてしまうと、経営が立ち行かなくなってしまいます。あくまでも相場から離れすぎた条件にならないよう、調整が必要です。

 

2-2 離職者を減らす

2つ目は、離職者を減らすことです。ホテル業界の離職率を高める大きな要因としてあげられるのがライフワークバランス問題です。ホテル業界は必然と残業などが付きまとってしまいます。そのためライフワークバランスが取りづらい問題を改善し、ライフワークバランスを取りやすい環境作りをしてみてください。

しかし、ワークライフバランスといっても、人手が足りず実行が難しい場合も多いでしょう。そこで、次で紹介するフロント業務の効率化に取り組むことがおすすめです。

 

2-3 フロント業務の効率化

3つ目は、フロント業務を効率化することです。デジタルツールを導入してフロント業務を効率化させることで、人材不足の解消に繋がります。
ホテルの業務効率化につながるツールとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • セルフチェックインシステム
  • スマートロック
  • ホテル管理システム(PMS)
  • サイトコントローラー

 

3.ITを導入して業務効率化を行う

ITツールの導入にはコストがかかります。しかし、実は中小企業や小規模事業者がITを導入した際に利用できる補助金制度があるのです。補助金制度を活用して、賢くITツールを導入し、業務効率化に取り組んでみてはいかがでしょうか。IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者に向け自社の課題やニーズにマッチしたITツールなどを導入するために必要とされる経費の一部を補助してくれる制度です。詳しい概要に関してはこちらを参考にしてみてください。


出典:
IT導入補助金2022「申請・手続きの概要」

 

4.人材不足解消に役立つセルフチェックインシステム

ホテル業界の人材不足解消に推奨したいのが、「セルフチェックインシステム」です。

セルフチェックインシステムとは、従来のチェックインシステムとは異なり事前にチェックインシステム業務をオンラインで済ますことができるシステムのことを指します。

そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことでスムーズなチェックインをすることができるため、従来のフロント業務を効率化させることができ、人材不足問題や従業員におけるライフワークバランスを気にすることなく、ITに一括管理をすることができます。

 

4-1 セルフチェックインシステムではmaneKEYがおすすめ

セルフチェックインシステムの導入を検討されている方に向けて、サービスの紹介をしたいと思います。そこでおすすめなのが「maneKEY」です。

maneKEYは、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって宿泊客様と施設管理者様双方の安心・安全に寄与します。

 

5.まとめ

いかがでしたか?今回はホテルの人材不足についてお伝えしてきました。ホテル業界における人材不足は、多くの方が頭を抱える問題。そこで特におすすめなのが、「セルフチェックインシステム」です。ぜひ今回の記事を参考に、セルフチェックインシステムの導入を検討してみてください。今回ご紹介したmaneKEYは、IT導入補助金の対象ツールとしても選ばれています。詳しくは、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ