ブログ

空き部屋を活用してビジネスを行いたい方必見!ビジネスアイデア5選

ブログ
空き部屋を活用してビジネスを行いたい方必見!ビジネスアイデア5選

近年、空き部屋を活用したビジネスモデルが需要を高めております。その背景には、コロナ禍による営業時間の短縮や、リモート作業で使えるスペースの需要増加があります。レンタルスペースの利用頻度が高まり、空き部屋を活用したビジネスが流行っているのです。そこで、本記事では、空き部屋活用ビジネスの最新モデルから注意点まで徹底解説します。ぜひ最後まで読んでみて下さい。
 

1.人気空き部屋活用ビジネス3選

空き部屋活用ビジネスはさまざまな仕様で利用されることが多くなりました。そこで、世に多く出回る空き部屋ビジネスの活用事例を上げたいと思います。
 

1-1 民泊施設

民泊施設業界では、オプションサービスが重要となるホテルなどとは違い、宿泊のみを目的とする格安宿泊施設の需要が高まっています。そのため、空き部屋活用ビジネスのなかでも民泊施設の開業が主流になっているのです。民泊施設にて開業を行うことを考えられている方は、こちらからお気軽にご相談ください。

 

1−2 飲食店

飲食店では、空き部屋活用ビジネスが高い支持を集めています。その原因としては、コロナが考えられます。コロナ蔓延に伴い、年間単位で契約していた店舗が続々と退く形態が多くなりました。しかし、空き部屋活用ビジネスなら、1週間などといった短期間で運営を行うことができるのです。

1-3 ポップアップストア

期間限定で出店する形式のポップアップストアでは、空き部屋や店舗の一部を利用することが多いです。ポップアップストアはもともとはイギリスなどで人気の店舗形式であり、売り上げはもちろん宣伝効果を狙ったものが多いです。
ポップアップストアの出店により、SNSで一気に拡散させて認知を高めたり、商品やブランドのイメージを伝えたりする絶好の機会にもなります。
また、近年では大学生のみでデザインから販売まで行っているアパレル団体が多く、こうした団体にとっては期間限定で気軽に出店できるポップアップストアが人気です。

 

2.最新空き部屋活用ビジネス厳選2選

前述で紹介した実例は、空き部屋活用ビジネスにおいて、現在主流になりつつある例です。ここでは、最新の空き部屋活用ビジネスを紹介したいと思います。
 

2-1 リモートワークルーム

リモートワークルームとは、コロナ禍により自宅での作業を余儀なくされてしまった方向けに利用をしてもらう形態です。以前では、職場で集中して業務をできていたものの、自宅では集中することができない人は多いです。そういった人向けに、集中して作業できるリモートワークルームの需要が高まっています。。
 

2-2 美容サロン

サロンでは、ネイルサロンやエステサロンといった美容サロンの需要が高くなりつつあります。美容サロンは場所を要するビジネスモデルが大半です。そのため、空き部屋活用ビジネスと相性が良いです。

また、今後はメンズ美容が流行ると言われています。そうなった場合、より一層空き部屋の需要が高まり、空き部屋を押さえることが難しくなることが予想されます。早いうちから空き部屋の確保をおすすめします。
 

3.空き部屋活用ビジネスの注意点とは?

空き部屋活用ビジネス開業にあたり、注意点は2つあります。1つ目は時代に沿っているかということです。今、どのような需要があるのか明確に把握することは非常に重要です。そして、2つ目はセキュリティーです。セキュリティー面が粗略していた場合、長い目で見た時に継続してビジネスを行うことができません。空き部屋活用ビジネス開業にあたり、セキュリティー面に関して、お悩みがある方は、お気軽に下記からご相談下さい。

 

4.空き部屋活用ビジネスをはじめる3つの手順

空き部屋活用ビジネス開業にあたり、3つの手順があります。1つ目は税務署へ必要書類の提出です。2つ目は利用目的の決定、そして3つ目は安全面の整備です。
簡易的にお伝えしましたが、詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
https://www.manekey.com/blog/akispace-rental/
 

5.【まとめ】はじめたい方向け

いかがでしたか?今回は空き部屋活用ビジネスを開業したい方向けにビジネスモデルや注意点など、様々な角度から解説を行いました。今回の記事を機に、空き部屋活用ビジネスの開業のきっかけになっていただければ幸いです。前述でもお伝えしたセキュリティー面に関して、お悩みの方は下記からお気軽にご相談下さい。