ブログ

2021.03.30

【コロナ後に行きたい】厳選!沖縄県の観光スポット

  • ブログ
【コロナ後に行きたい】厳選!沖縄県の観光スポット

緊急事態宣言も開け、旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか?

今回紹介するのは  です!

昨年の春、もしくは夏に沖縄旅行を計画して断念した方は、さらに綿密に旅行計画を練り直すチャンスですので、ぜひこちらを活用してみてください!

今回のテーマ沖縄は、厳選した観光スポット編グルメ編との二本立てでご紹介いたします!


〝日本一有名なダイビングスポット〟 青の洞窟・真栄田岬

 

青の洞窟こと、真栄田岬は、沖縄県恩納村にある、海水の侵食によってできた洞窟です。

太陽の光が反射して青く輝くことから「青の洞窟」と呼ばれており、とにかく有名です!

周辺は、観光向けに整備された場所ではなく、自然のままの地形であることから、足を運ぶ際は、できるだけ現地の事情に詳しいガイド、もしくはショップを利用するのがおすすめです!

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝神の島? 恋の島?〟 古宇利島(こうりじま)

 

古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。

2005年に隣の屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。橋からはとても透明度の高い海も見ることができます。

古宇利島は古くから「恋の島」や「神の島」であるという伝承があります。これは沖縄版「アダムとイブ」のような言い伝えが残っており、「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」だと言われているためです。

島の中では、ビーチでの海水浴やシュノーケリング、夜になると満天の星を見ることができ、カップルで訪れるのに絶好の島となっています。

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝世界遺産登録の庭園〟 識名園(しきなえん)

 

1799年につくられた、琉球王家最大の別邸。国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用されました。

識名園の造園形式は、池のまわりを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「廻遊式庭園(かいゆうしきていえん)」です。

移り変わる景色を堪能しながら、琉球の悠久の歴史に触れてみるのは如何ですか?

 

入園料のチェックなど、詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝日の出と星空の聖地〟 知念岬公園(ちねんみさきこうえん)

 

休憩所では250°の海の景色を堪能できる、素敵な展望台です。

公園下の海にはリーフがあり、その先にはコバルトブルーのきれいな海が広がっています。

太平洋のきれいな海が眼下に広がり、晴れた日は景色と心地よい海風に癒されます。

ドライブの休憩がてら立ち寄るのも良し、日の出や、夜の星空を見にくるも良し!

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝ミシュラングリーンガイド〟 エメラルドビーチ

 

沖縄の観光スポットである海洋博公園内、沖縄美ら海水族館の近くに位置するY字型に突き出した「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」の3つに区分されたコーラルサンドの美しいビーチです。
エメラルドグリーンとコバルトブルーの大海原。エメラルドビーチは沖縄でもめずらしい礁湖(ラグーン)内にあるビーチで、水質は”A(良い)”と認められ、平成13年に「水浴場八十八選」、平成18年には「快水浴場百選」に認定されています。

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝3kmのフクギ並木〟 備瀬のフクギ並木

 

フクギ並木は、沖縄観光の定番スポットの美ら海水族館から車で約5分ほど、伊江島を臨む備瀬の海岸線沿いにあります。

この度、美ら海水族館に関しておすすめスポットに収録しておりませんが、近場に行かれた方は、ぜひ足を運んでいただきたい場所です。

フクギは防風林の役割を果たし、古いものだと樹齢300年以上、台風から集落を守り続けてきました。

フクギは漢字で「福木」と書き、幸福を招く木とも言われていており、沖縄のパワースポットとしても知られています。

濃い緑の葉が作り出す木陰の空間がなんとも静かで気持ちがよく、まるで時間が止まったかのような感覚に陥ります。

都会での生活で溜まった疲れを、自然のパワーで癒すのは如何ですか?

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝環境省特撰認定ビーチ〟 万座ビーチ

 

有名な景勝地である、万座毛(まんざもう)の向かい側にある老舗リゾートホテルのビーチで、環境省選定の「快水浴場百選」では沖縄県内で3ヶ所しかない「特選」にも選ばれています。

まぶしいほどの白い砂に青い海、青い空をバックに白く光るホテル、そのコントラストはまさに絵に描いたような南国のリゾートです。

ホテル宿泊者でなくても、ホテル内の大浴場は利用可能です!

 

万座ビーチに関して詳細はこちらから

万座毛に関しては詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝映え!!〟 サンセットビーチ

 

シティービーチリゾートである「北谷公園サンセットビーチ」は、沖縄県内有数のサンセットスポットでもあり、

青い海、白い砂浜から眺めるサンセットは時が経つのを忘れ、至福の時間を味わえます。

美浜アメリカンビレッジが隣接し、海水浴と一緒に楽しめるので、ファミリーからカップル、地元の家族連れにも人気のビーチです。BBQエリアもあり、様々な場面で利用できるかと思います!

 

サンセットビーチに関して詳細はこちらから

美浜アメリカンビレッジに関して詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝南部ドライブで絶景〟 ニライ橋 カナイ橋

ニライカナイという言葉は、聞き覚えのある言葉かもしれません。

遥か遠い東の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる異界と言われています。

また、 豊穣や生命の源であり、神界でもあるとされています。

国道331号線の吉富交差点から山側へ続く道を少し走ると、ニライカナイ橋があり、橋の頂上付近にトンネルと展望台があります。

こちらも知念岬公園と同じく、ドライブの途中で立ち寄るのがおすすめです!

キラキラと光る、南部の青い海に、ドライブの疲れをリフレッシュしてもらうのもいいかもしれません。

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝大人の桃源郷〟 オリオンハッピーパーク

 

沖縄といえば!

青い空、白い雲、輝く海に、オリオンビール

オリオンハッピーパークでは、そんなみんなが愛してやまないオリオンビールの工場見学ができます。

工場見学をした後に飲むビールを想像するとたまりませんね!

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝手作り琉球ガラス〟 琉球ガラス村

 

沖縄本島の最南部、糸満市にある県内最大の手作りガラス工房です。

子供から大人まで楽しめ、自分だけの作品を作ることができ、旅行後も旅行のことを思い出せる、とても素敵な経験だと思いますので、ぜひ手づくり琉球体験をしてみてください!

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


〝パイナップルの楽園!?〟 ナゴパイナップルパーク

 

「パイナップルを楽しむ、学ぶ、味わう。」をキャッチフレーズに掲げるナゴパイナップルパークのパーク内は、まるで海外のジャングルかのように、南国の植物がたくさん育っています。

さらには誰もが知ってるようで知らない、パイナップルの歴史を学びながら、美味しいパイナップルを食べることができます!

子供から大人まで楽しめる素敵な場所ですので、ぜひ一度訪れてみては如何でしょうか?

 

詳細はこちらから

Google Mapで見る

 


如何でしたか?

みなさんがご存知の場所はありましたか?

少し癖のあるチョイスかもしれませんが、かなり厳選させていただきました!

次回は、沖縄の絶品グルメを堪能できるお店をたくさん紹介したいと思っておりますので、ぜひそちらもご覧ください!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

Share

Close Bitnami banner
Bitnami