ブログ

2022.03.30

急増中のセルフチェックインとは?実態の徹底解説から導入事例まで!

  • ブログ
急増中のセルフチェックインとは?実態の徹底解説から導入事例まで!

近年、セルフチェックインシステムの導入事例が様々な業種業界から増えています。そこで、今回はセルフチェックインに関する実態から導入事例まで徹底解説したいと思います。ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

 

1.セルフチェックインとは?

セルフチェックインとは、従来のチェックインシステムとは異なり事前にチェックインシステム作業をインターネットなどを用いて済ますことができるシステムのことを指します。そして、ホテル到着後はアプリなどでQRコードをかざすことでスムーズなチェックインをすることができます。

 

また、多くのホテルで、感染防止として無人チェックインや無人フロントが増えています。これらの体制で運営を行える理由としてはセルフチェックインが大半です。

無料で相談をする

 

2.セルフチェックインのメリット

セルフチェックインにおいて考えられるメリットは多くあります。そこで厳選したセルフチェックインのメリットをお伝えします。

 

2-1 チェックイン時が手軽になる

従来のフロントでのチェックインの場合、列を作ってしまい、混雑してしまうことがありました。特に、早く荷物を部屋に置き観光を楽しみたい方、部屋でゆっくりしたい方にとっては、チェックイン前の待ち時間はストレスになることもあります。

 

しかし、セルフチェックインを導入することで、短い待ち時間でチェックインを済ますことが可能になり、スムーズなチェックインが可能になりました。

 

2-2 人件費削減

2つ目は人件費削減です。従来ではホテルスタッフが常駐することが当たり前でした。しかし、昨今より需要を高めている、セルフチェックインサービスの普及に伴い、ホテル運営の無人化が可能となり、人件費削減にも繋がっています。

 

2-3 コロナ対策

3つ目はコロナ対策です。コロナ対策の観点としては、2つあります。1つ目はフロントスタッフとの対話がないことです。2つ目はチェックイン・チェックアウト時のお客様同士のコロナ対策です。こういった様々な観点からコロナ対策を行うことができます。

 

3.セルフチェックインの導入事例

無人チェックインシステムの導入事例として、近年導入事例を増やしているのはホテルです。そして、これから多くのサービスで無人サービスが増えてくると思われます。また、身近なスーパーマーケットやコンビニなどでは導入が増加しています。

無料で相談をする

 

4.今後セルフチェックインの多くなる業種

リモートワークルームです。リモートワークルームとは、コロナ禍により自宅での作業を余儀なくされてしまった方向けに利用をしてもらう形態です。以前では、職場で集中して業務をできていたものの、自宅では集中することができない人は多いです。そういった人向けに、集中して作業できるリモートワークルームの需要が高まっています。

 

5.セルフチェックインの導入を考えている方向け

いかがでしたか?今回はセルフチェックインを導入したい方向けにセルフチェックインの実態やセルフチェックインのメリットなど、様々な角度から解説を行いました。今回の記事を機に、セルフチェックインシステムの導入のきっかけになっていただければ幸いです。また、セルフチェックインについて相談のある方はお気軽にご相談下さい。

無料で相談をする

Share

Close Bitnami banner
Bitnami